血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年3月の注目論文

前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年3月分は、前田嘉信氏が担当します。

Unrelated donor vs HLA-haploidentical α/β T-cell- and B-cell-depleted HSCT in children with acute leukemia.

Blood. 132(24):2594-2607

Bertaina A, Zecca M, Buldini B, Sacchi N, Algeri M, Saglio F, Perotti C, Gallina AM, Bertaina V, Lanino E, Prete A, Barberi W, Tumino M, Favre C, Cesaro S, Del Bufalo F, Ripaldi M, Boghen S, Casazza G, Rabusin M, Balduzzi A, Fagioli F, Pagliara D, Locatelli F

ここに注目!

以前からT細胞除去でハプロ移植をする試みがあったが、感染症が増加し十分な成績がこれまで得られていなかった。本研究ではαβT細胞とB細胞を除去する、つまりγδ T細胞やNK細胞をグラフトに残してハプロ移植をしたαβHaplo(n=98)の成績を、HLA一致非血縁(MUD)n=127、HLA不一致非血縁(MMUD)n=118と後方視的に比較している。GradeⅡ-ⅣとⅢ-Ⅳの急性GVHDは、MUD 35%、6%、MMUD 44%、18%に比べαβHaplo 16%、0%と有意に低かった。さらにαβHaploは、慢性GVHD 6%、治療関連死亡9% とMMUDと比べ有意に低かった。5年無病生存率もαβHaplo 62%はMUD 67%と同等、MMUD 55%に比べ優位に良好であった。γδT細胞とNK細胞を残すとGVHDはほとんど出ず、再発が増加することもなくMUDと同等の成績であった。煩雑な移植であるが、一つの移植の選択肢と認知されるかもしれない

Acute GVHD prophylaxis plus ATLG after myeloablative allogeneic haemopoietic peripheral blood stem-cell transplantation from HLA-identical siblings in patients with acute myeloid leukaemia in remission: final results of quality of life and long-term outcome analysis of a phase 3 randomised study.

Lancet Haematol. 6(2):e89-e99

Bonifazi F, Solano C, Wolschke C, Sessa M, Patriarca F, Zallio F, Nagler A, Selleri C, Risitano AM, Messina G, Bethge W, Herrera P, Sureda A, Carella AM, Cimminiello M, Guidi S, Finke J, Sorasio R, Ferra C, Sierra J, Russo D, Benedetti E, Milone G, Benedetti F, Heinzelmann M, Pastore D, Jurado M, Terruzzi E, Narni F, Völp A, Ayuk F, Ruutu T, Kröger N

ここに注目!

日本では使用されないが、欧州ではウサギ抗ヒトT細胞グロブリン(ATLG)がHLA一致同胞間末梢血幹細胞移植に使用される。本研究はATLGの有無で無作為化比較試験が行なわれ、その長期フォロー結果である。ATLG群は5年慢性GVHD 30.0% vs. 69.1%と有意に低く、再発の増加はない(35.4% vs. 22.5%、P=0.09)。免疫抑制剤を中止できた患者が多く、QOLが有意に改善した。移植後長期生存する患者が増え、長期のQOLが重視される時代にある。末梢血幹細胞移植ではHLA一致同胞間であってもATLGの使用を推奨する報告である。

Immune Escape of Relapsed AML Cells after Allogeneic Transplantation.

N Engl J Med. 379(24):2330-2341

Christopher MJ, Petti AA, Rettig MP, Miller CA, Chendamarai E, Duncavage EJ, Klco JM, Helton NM, O'Laughlin M, Fronick CC, Fulton RS, Wilson RK, Wartman LD, Welch JS, Heath SE, Baty JD, Payton JE, Graubert TA, Link DC, Walter MJ, Westervelt P, Ley TJ, DiPersio JF

ここに注目!

同種造血幹細胞移植を実施しても残念ながら再発する症例がある。本研究では移植後に再発したAML患者15人の移植前後の検体をRNAシークエンスとフローサイトメトリーで比較し、再発の要因を探っている。エクソームシークエンスの結果、移植後に見られた変異遺伝子獲得や欠失のスペクトラムは化学療法後のそれと類似していた。移植後に特徴的だったのは、MHC classⅡ関連の遺伝子発現が減弱しており、フローサイトメトリーでも約半数の症例で確認された。これらのMHC classⅡ発現低下はインターフェロンγの投与で再び回復し、GVL効果を高める治療法の開発への示唆を与える。