血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

血液学の最新論文(2019年7月前半リリース分)すべて見る

新着記事What's New

最新の血液疾患解説Comments on Hematology
原発性マクログロブリン血症の診断と治療 イブルチニブなどのBTK阻害薬に期待 特集B細胞リンパ腫をめぐる最新トピックスCAR-T療法や新規治療薬による治療成績向上への期待(3)B細胞リンパ腫は、患者数においてリンパ腫全体の3分の2以上を占め、血液内科医が診療する機会が多い疾患群であろう。ここでは、新規治療薬を中心としたトピックスに焦点を当て、それぞれの専門家に解説していただいた。まず、DLBCLのサブタイプの一つで予後不良とされるダブルヒットリンパ腫の分子病態とその治療の可能性、そして濾胞性リンパ腫に対する新規抗CD20抗体薬のオビヌツズマブの位置づけについての解説。次に、新しいWHO分類で遺伝子変異が診断に取り入れられ、わが国では適応外ながらブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬により治療体系が変わりつつある原発性マクログロブリン血症についての解説。最後に、最近、わが国で承認された新規治療薬から、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対するCD19標的CAR-T療法である。いずれも血液内科医として知っておくべき重要なトピックスであろう。(責任編集 伊豆津宏二)原発性マクログロブリン血症の診断と治療 イブルチニブなどのBTK阻害薬に期待棟方理(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科)2019.08.08原発性マクログロブリン血症(WM)は、骨髄でリンパ形質細胞が腫瘍性に増殖し、腫瘍細胞から産生される単クローン性高IgM血症を特徴とする低悪性度B細胞リンパ腫である。同疾患に対してはリツキシマブを中心とした様々な多剤併用療法が確立しているが、前向き比較試験に基づくデータは限られており、有効性の点では大きな差はないと認識されている。近年、MYD88遺伝子変異がWMに高頻度に認められることが報告され、MYD88遺伝子変異を有するWMに対するブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬の高い有効性が確認されている。ここでは、希少疾患であるWMの診断と今後の治療を展望する。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
B細胞リンパ腫をめぐる最新トピックス CAR-T療法や新規治療薬による治療成績向上への期待 特集B細胞リンパ腫をめぐる最新トピックス CAR-T療法や新規治療薬による治療成績向上への期待責任編集:伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)2019.07.25B細胞リンパ腫は、患者数においてリンパ腫全体の3分の2以上を占め、血液内科医が診療する機会が多い疾患群であろう。ここでは、新規治療薬を中心としたトピックスに焦点を当て、それぞれの専門家に解説していただいた。まず、DLBCLのサブタイプの一つで予後不良とされるダブルヒットリンパ腫の分子病態とその治療の可能性、そして濾胞性リンパ腫に対する新規抗CD20抗体薬のオビヌツズマブの位置づけについての解説。次に、新しいWHO分類で遺伝子変異が診断に取り入れられ、わが国では適応外ながらブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬により治療体系が変わりつつある原発性マクログロブリン血症についての解説。最後に、最近、わが国で承認された新規治療薬から、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対するCD19標的CAR-T療法である。いずれも血液内科医として知っておくべき重要なトピックスであろう。
この論文に注目!Focus on
2019年8月の注目論文(Vol. 1) 2019年8月の注目論文(Vol. 1)宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)2019.08.08血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年8月分(Vol. 1)は、宮﨑泰司氏が担当します。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
濾胞性リンパ腫に対する新規治療薬への期待 初発/再発・難治性例ともに治療選択肢が広がる 特集B細胞リンパ腫をめぐる最新トピックスCAR-T療法や新規治療薬による治療成績向上への期待(2)B細胞リンパ腫は、患者数においてリンパ腫全体の3分の2以上を占め、血液内科医が診療する機会が多い疾患群であろう。ここでは、新規治療薬を中心としたトピックスに焦点を当て、それぞれの専門家に解説していただいた。まず、DLBCLのサブタイプの一つで予後不良とされるダブルヒットリンパ腫の分子病態とその治療の可能性、そして濾胞性リンパ腫に対する新規抗CD20抗体薬のオビヌツズマブの位置づけについての解説。次に、新しいWHO分類で遺伝子変異が診断に取り入れられ、わが国では適応外ながらブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬により治療体系が変わりつつある原発性マクログロブリン血症についての解説。最後に、最近、わが国で承認された新規治療薬から、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対するCD19標的CAR-T療法である。いずれも血液内科医として知っておくべき重要なトピックスであろう。(責任編集 伊豆津宏二)濾胞性リンパ腫に対する新規治療薬への期待 初発/再発・難治性例ともに治療選択肢が広がる賴晋也(近畿大学病院 血液・膠原病内科)2019.08.01濾胞性リンパ腫(FL)は、緩徐な臨床経過を示す一方、治療奏効例においても長期的にみると再発をきたすことが多く、リツキシマブ時代においても治癒が困難な疾患である。一方で、近年は新規治療薬の臨床応用が進み、治療選択肢は増えつつある。ここではFLに対する新規治療薬の位置づけと今後の展望を述べる。
学会レポートCongress Report
CMLでの妊娠例数の77%が出産、98%は正常児 妊娠判明直後のTKI中止で妊娠・出産への影響を抑える EHA2019レポート⑥ Future implication of management in CMLEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。CMLでの妊娠例数の77%が出産、98%は正常児 妊娠判明直後のTKI中止で妊娠・出産への影響を抑えるEkaterina Chelysheva(National Research Center for Hematology, Moscow, Russian Federation)2019.08.01欧州白血病ネット(European Leukemia NET:ELN)は、慢性骨髄性白血病(CML)の妊婦を対象に、妊娠、出産、CMLの病勢について解析し、その結果、305件の妊娠のうち出産したのは234件(77%)で、98%が正常児であったことなどを報告した。解析結果はFuture implication of management in CMLのセッション(#881)で、ロシア・National research center for hematologyのEkaterina Chelysheva氏が発表した。
学会レポートCongress Report
再発・難治性CLLにacalabrutinib単剤が有効 標準治療と比較してPFSを有意に改善 EHA2019レポート⑤ Late-breaking SessionEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。再発・難治性CLLにacalabrutinib単剤が有効 標準治療と比較してPFSを有意に改善Paolo Ghia(University Vita-Salute San Raffaele, Milan, Italy)2019.08.01再発・難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対してブルトンチロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であるacalabrutinib単剤を投与したところ、医師による選択治療であるリツキシマブ+idelalisib(IDR)療法もしくはリツキシマブ+ベンダムスチン(BR)療法と比較して無増悪生存期間(PFS)が有意に改善されたことが、イタリア・University Vita-Salute San RaffaeleのPaolo Ghia氏らが実施したACSEND試験で示され、Late-breaking Session(#2606)で報告された。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
ダブルヒットリンパ腫の特徴的遺伝子を解明 新たな分子標的治療が視野に 特集B細胞リンパ腫をめぐる最新トピックスCAR-T療法や新規治療薬による治療成績向上への期待(1)B細胞リンパ腫は、患者数においてリンパ腫全体の3分の2以上を占め、血液内科医が診療する機会が多い疾患群であろう。ここでは、新規治療薬を中心としたトピックスに焦点を当て、それぞれの専門家に解説していただいた。まず、DLBCLのサブタイプの一つで予後不良とされるダブルヒットリンパ腫の分子病態とその治療の可能性、そして濾胞性リンパ腫に対する新規抗CD20抗体薬のオビヌツズマブの位置づけについての解説。次に、新しいWHO分類で遺伝子変異が診断に取り入れられ、わが国では適応外ながらブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬により治療体系が変わりつつある原発性マクログロブリン血症についての解説。最後に、最近、わが国で承認された新規治療薬から、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対するCD19標的CAR-T療法である。いずれも血液内科医として知っておくべき重要なトピックスであろう。(責任編集 伊豆津宏二)ダブルヒットリンパ腫の特徴的遺伝子を解明 新たな分子標的治療が視野に遠西大輔(岡山大学病院 血液・腫瘍内科)2019.07.25ダブルヒットリンパ腫(DHIT)は、MYCBCL2の遺伝子再構成を両方有するびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)で、2017年版のWHO分類で定義されたhigh-grade B-cell lymphoma(HGBL)の大部分を占め、予後不良である。我々は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州における約350例のDLBCLから、DHITを特徴づける104の遺伝子を明らかにした。この研究結果を中心に、これまで明らかになったDHITの分子病態を概説し、今後を展望する。
学会レポートCongress Report
再発・難治性MMへのベネトクラクス併用でPFSが改善 ただし、OSは併用なしの方が良好な結果に EHA2019レポート④ Late-breaking SessionEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。再発・難治性MMへのベネトクラクス併用でPFSが改善 ただし、OSは併用なしの方が良好な結果にShaji K. Kumar(Mayo Clinic, Rochester, MN, USA)2019.07.25再発・難治性の多発性骨髄腫(MM)患者に対してベネトクラクス+ボルテゾミブ+デキサメタゾン(Ven+Vd)療法を行なったところ、プラセボ+ボルテゾミブ+デキサメタゾン(Vd)療法に比して無増悪生存期間(PFS)が有意に改善されたことが、米国・Mayo ClinicのShaji K. Kumar氏らが実施したBELLINI試験で示された。
学会レポートCongress Report
再発・難治性リンパ腫の“don’t eat me”シグナルを封じる Hu5F9-G4とリツキシマブ併用のがん免疫療法 EHA2019レポート③ Aggressive lymphomas - New agentsEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。再発・難治性リンパ腫の“don’t eat me”シグナルを封じる Hu5F9-G4とリツキシマブ併用のがん免疫療法Mark Roschewski(National Cancer Institute, Bethesda, United States)2019.07.25抗CD47抗体のHu5F9-G4(5F9)と抗CD20抗体のリツキシマブの併用により、再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)、再発・難治性の低悪性度リンパ腫で奏効が得られ、その効果が持続することが確かめられた。この研究結果は、米国・NCIのMark Roschewski氏がAggressive lymphomas - New agentsのセッション(#867)で報告した。
この論文に注目!Focus on
2019年7月の注目論文(Vol. 2) 2019年7月の注目論文(Vol. 2)前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)2019.07.25血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年7月分(Vol. 2)は、前田嘉信氏が担当します。
学会レポートCongress Report
未治療CLLへのベネトクラクスとオビヌツズマブの併用 12カ月間の投与でPFSが改善、MRD陰性率も高く EHA2019レポート② Presidential SymposiumEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。未治療CLLへのベネトクラクスとオビヌツズマブの併用 12カ月間の投与でPFSが改善、MRD陰性率も高くKirsten Fischer(Department I of Internal Medicine and Center of Integrated Oncology Cologne Bonn, University Hospital, Cologne, Germany)2019.07.18未治療で併存症のある慢性リンパ性白血病(CLL)に対し、抗がん剤を含まないベネトクラクス併用による治療を12カ月間継続することで、現在の標準治療である化学療法と比較して、無増悪生存率(PFS)、全奏効率(ORR)、微小残存病変(MRD)陰性率が改善されることを、ドイツ・ケルン大学のKirsten Fischer氏がPresidential Symposium(#149)で報告した。
学会レポートCongress Report
移植適応の初発MMへのダラツムマブ併用で地固め療法後の厳格な完全奏効率が改善 EHA2019レポート① Presidential SymposiumEHA2019での発表演題の中から、今年の注目トピックスとして公表された口演のレポートをお届けします。移植適応の初発MMへのダラツムマブ併用で地固め療法後の厳格な完全奏効率が改善Philippe Moreau(Hematology, University Hospital Hotel-Dieu, Nantes, France)2019.07.18初発多発性骨髄腫(MM)の治療で、自家造血幹細胞移植の前の寛解導入療法と移植後の地固め療法で、ボルテゾミブ+サリドマイド+デキサメタゾン(VTd)に、ヒト抗CD38モノクローナル抗体薬であるダラツムマブを併用した薬物療法(D-VTd療法)を行なうと、VTd療法と比較して、厳格な完全奏効(sCR)率が有意に改善することが、フランス・University Hospital Hotel-DieuのPhilippe Moreau氏らが行なったCASSIOPEIA試験で示された。
この人に聞くThe Experts
血液内科医と核なき世界を訴える社会活動の二足のわらじ 被爆者白血病の診療と自らの原爆体験が原動力に(後編) 血液内科医と核なき世界を訴える社会活動の二足のわらじ 被爆者白血病の診療と自らの原爆体験が原動力に(後編)朝長万左男(長崎大学 名誉教授、恵みの丘長崎原爆ホーム診療所 所長)2019.07.18第4回国際白血病治療シンポジウムでは、米国だけでなく、西ドイツ、英国、フランス、イタリアなど欧州各国が、全国規模のグループ研究による数百例の化学療法や骨髄移植の成績を発表していました。いずれも質が高く、成績の良さに驚かされる一方、30〜40例というわが国の報告内容が貧弱であることを痛感しました。
学会レポートCongress Report
特定の腸内細菌が骨髄の造血応答を活性化することをつきとめる EHA2019スペシャルインタビュー② Late-Breaking Oral Session特定の腸内細菌が骨髄の造血応答を活性化することをつきとめる滝澤仁(熊本大学 国際先端医学研究機構 副機構長・特別招聘教授)2019.07.11EHA2019の「Late-Breaking Oral Session」には67演題の応募があり、6演題が採択されました。アジアから唯一採択された熊本大学 国際先端医学研究機構の滝澤仁氏に今回のご発表について動画でコメントをいただきました。
この人に聞くThe Experts
血液内科医と核なき世界を訴える社会活動の二足のわらじ 被爆者白血病の診療と自らの原爆体験が原動力に(前編) 血液内科医と核なき世界を訴える社会活動の二足のわらじ 被爆者白血病の診療と自らの原爆体験が原動力に(前編)朝長万左男(長崎大学 名誉教授、恵みの丘長崎原爆ホーム診療所 所長)2019.07.11「この人に聞く」のシリーズ第8回では、長崎大学名誉教授の朝長万左男氏にお話をうかがいました。2歳のときに長崎原爆に被爆し、医師となってからは、被爆者の白血病などの疾患を追う血液内科医として診療・研究を続けてきました。一方で、核兵器廃絶を訴える世界的な医師の団体である核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の日本代表として活動し、核兵器による放射線被曝の後遺症が生涯継続性であることを広く世界に発信しました。「目の前の患者さんにこそ研究すべきテーマがある。その扉を自ら開くと、次に現れた部屋にはいくつもの扉があり、それをまた開く。この繰り返しが大切」と話します。