血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

血液学の最新論文(2021年5月分) 会員限定コンテンツになりました。会員登録をお願いします すべて見る

新着記事What's New

学会レポートCongress Report
骨病変の病態を踏まえ、新たな治療を展望 赤血球造血を見直して貧血の多様な機序を整理骨髄腫学会2021 レポート① シンポジウム温故知新1「骨病変・貧血」第46回日本骨髄腫学会学術集会(会長:福島県立医科大学・坂井晃氏)が、2021年5月29〜30日、「温故知新」をテーマに開催された。新型コロナウイルスの感染状況に配慮し、現地開催とウェブを併用したハイブリッド形式での開催となった。会長の坂井晃氏は「温故知新」をテーマに掲げた理由として、「骨髄腫の治療開始時期はCRABのいずれかを認める症候性骨髄腫からとなっている。学術集会では改めてCRABが生じる機序と意義を見直し理解を深めることで、骨髄腫の治療がさらに発展することを期待したい」と述べている。「Hematopaseo」では、「温故知新」を巡る3つのシンポジウムを中心に報告する。骨病変の病態を踏まえ、新たな治療を展望 赤血球造血を見直して貧血の多様な機序を整理2021.06.17第46回日本骨髄腫学会学術集会(会長:福島県立医科大学・坂井晃氏)が、2021年5月29〜30日、「温故知新」をテーマに開催された。新型コロナウイルスの感染状況に配慮し、現地開催とウェブを併用したハイブリッド形式での開催となった。会長の坂井晃氏は「温故知新」をテーマに掲げた理由として、「骨髄腫の治療開始時期はCRABのいずれかを認める症候性骨髄腫からとなっている。学術集会では改めてCRABが生じる機序と意義を見直し理解を深めることで、骨髄腫の治療がさらに発展することを期待したい」と述べている。「Hematopaseo」では、「温故知新」を巡る3つのシンポジウムを中心に報告する。
この論文に注目!Focus on
会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。2021年6月の注目論文(Vol. 2)2021年6月の注目論文(Vol. 2)宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)2021.06.17血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年6月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。
この人に聞くThe Experts
分子生物学、移植、そして地域医療へ 常に好奇心を持ち新しい何かを始める(後編)分子生物学、移植、そして地域医療へ 常に好奇心を持ち新しい何かを始める(後編)谷本光音(公立学校共済組合 中国中央病院 院長)2021.06.10私が帰国するまでの間に齋藤先生は、私がお願いしていた分子生物学の研究に必要な機材や試料を用意するなど、研究環境を整えてくれていました。すぐにラボを立ち上げることができ、多いときには20人近くのメンバーで研究を進めました。帰国してから1年ほど経った頃に、タカラバイオからPCRサーマルサイクラーが発売されたので、早速1台導入しました。日本で初めてのサーマルサイクラーは理化学研究所に納められており、名古屋大は2台目でした。このサーマルサイクラーで多くのプライマーやプローブを作り、凝固因子遺伝子の研究を進めていきました。
この人に聞くThe Experts
分子生物学、移植、そして地域医療へ 常に好奇心を持ち新しい何かを始める(前編)分子生物学、移植、そして地域医療へ 常に好奇心を持ち新しい何かを始める(前編)谷本光音(公立学校共済組合 中国中央病院 院長)2021.06.03「この人に聞く」のシリーズ第15回は、中国中央病院院長の谷本光音氏にお話をうかがいました。名古屋大学を卒業後、大学院や愛知県がんセンター、米国留学で多くの知己を得た谷本氏は、その後分子生物学を応用した研究を進める一方で、造血細胞移植の普及に努めました。大学では学生や研修医の教育に力を注ぎ、退官後は地域医療に取り組んでいます。「常に好奇心を持って新しい何かを探す努力が自分を磨く」と話します。
この論文に注目!Focus on
会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。2021年6月の注目論文(Vol. 1)2021年6月の注目論文(Vol. 1)前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)2021.06.03血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年6月分(Vol. 1)は、前田嘉信氏が担当します。
気鋭の群像Young Japanese Hematologist
豪州に渡って5年、独立してラボを持つ 骨髄腫の腫瘍免疫を中心に研究を進める(後編)豪州に渡って5年、独立してラボを持つ 骨髄腫の腫瘍免疫を中心に研究を進める(後編)中村恭平(クイーンズランド医学研究所(QIMRB) 主任研究員)2021.05.20帰国後1週間のうちに、自分がイメージするがん免疫監視機構の研究を行なっているラボを探し、応募のメールを送りました。すると送ってから10分もしないうちにQIMRBのマーク・スミス氏から返信があり、その場でQIMRBへの就職が決まりました。そして2015年4月にオーストラリアに留学しました。
この論文に注目!Focus on
会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。2021年5月の注目論文2021年5月の注目論文張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)2021.05.20血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年5月分は、張替秀郎氏が担当します。
気鋭の群像Young Japanese Hematologist
豪州に渡って5年、独立してラボを持つ 骨髄腫の腫瘍免疫を中心に研究を進める(前編)豪州に渡って5年、独立してラボを持つ 骨髄腫の腫瘍免疫を中心に研究を進める(前編)中村恭平(クイーンズランド医学研究所(QIMRB) 主任研究員)2021.05.132020年6月にオーストラリア・クイーンズランド医学研究所(QIMRB)の主任研究員(PI)としてラボを開設した中村恭平氏。東北大学でNK細胞の研究をし、その後、腫瘍免疫の研究に転じた。海外で自立できる力を身に付けるべくオーストラリアに留学、5年後にPIとなった。研究成果の臨床応用も視野に入るが、まずは腫瘍免疫の基本メカニズムの解明を進めていくという。
学会レポートCongress Report
変化してきた小児血液疾患の移植適応 移植後のフォローアップには課題も多くJSHCT2021レポート(6) ワークショップ4「小児移植医療の現状と課題」第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。変化してきた小児血液疾患の移植適応 移植後のフォローアップには課題も多く2021.04.30ワークショップ4「小児移植医療の現状と課題」では、小児白血病での移植件数が減少してきた背景と今後の展望、固形がんである神経芽腫に対する同種移植の可能性を検討するわが国での臨床研究、移植後の長期フォローアップの現状と問題点について、それぞれの専門家が解説した。
この論文に注目!Focus on
会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。2021年4月の注目論文(Vol. 3)2021年4月の注目論文(Vol. 3)柴山浩彦(国立病院機構 大阪医療センター 血液内科 科長)2021.04.30血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年4月分(Vol. 3)は、柴山浩彦氏が担当します。
学会レポートCongress Report
臍帯血移植数が累計2万例を達成 造血細胞移植ソースの半数以上にJSHCT2021レポート(5) ワークショップ2「臍帯血バンクの現状と課題」第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。臍帯血移植数が累計2万例を達成 造血細胞移植ソースの半数以上に2021.04.22ワークショップ2[臍帯血バンクの現状と課題]では、近年、わが国で増加し続けている臍帯血移植の現状と課題について日本赤十字社の東史啓氏、中部さい帯血バンクの加藤将大氏から報告があり、また産科医師の立場から東京女子医科大学八千代医療センターの正岡直樹氏が臍帯血採取の現場での取り組みや最近の話題について講演を行なった。
学会レポートCongress Report
新たな治療標的を探索するCAR-T療法 コスト低減に向けた新技術の開発もJSHCT2021レポート(4) シンポジウム3「CAR-T療法の現状と将来」第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。新たな治療標的を探索するCAR-T療法 コスト低減に向けた新技術の開発も2021.04.15キメラ抗原受容体(CAR)-T細胞療法は、CD19 CAR-T療法による再発・難治性急性B細胞リンパ性白血病/悪性リンパ腫に対して成功を収めたことをきっかけに、世界中で新たな治療標的の探索が行なわれている。一方で、コストの低減や長期的安全性を保つための技術開発が続けられている。シンポジウム3「CAR-T療法の現状と将来」では、3人の演者がそれぞれの立場から現状を俯瞰し、今後のCAR-T療法の将来像を展望した。
この論文に注目!Focus on
会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。2021年4月の注目論文(Vol. 2)2021年4月の注目論文(Vol. 2)坂田(柳元)麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)2021.04.15血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年4月分(Vol. 2)は、坂田(柳元)麻実子氏が担当します。
学会レポートCongress Report
COVID-19に対する移植医療の危機管理 医療者が感染しない、させないが最重要JSHCT2021レポート(3) 特別企画「新型コロナウイルス流行期における造血細胞移植領域の危機管理」第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。COVID-19に対する移植医療の危機管理 医療者が感染しない、させないが最重要2021.04.08第43回日本造血細胞移植学会総会の特別企画として「新型コロナウイルス流行期における造血細胞移植領域の危機管理」のセッションが行なわれた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行する中で造血細胞移植を安全に進めていくために何をすべきか、感染症の専門家と移植医療のエキスパートがそれぞれの立場から危機管理対策を論じた。
学会レポートCongress Report
GVHDの最新の予防と治療の取り組みを報告 腸内細菌叢の異常と腸管GVHDの関連解明へJSHCT2021レポート(2) シンポジウム2「GVHD治療の現状と将来」第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。GVHDの最新の予防と治療の取り組みを報告 腸内細菌叢の異常と腸管GVHDの関連解明へ2021.04.01シンポジウム2「GVHD治療の現状と将来」では、造血幹細胞移植の最大の合併症である移植片対宿主病(GVHD)をテーマとし、最新の予防・治療の試み、分子・遺伝子レベルでの病態解明、それに基づく今後の予防・治療の展望について、3人の演者がそれぞれの知見を述べた。