血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

血液学の最新論文(2019年5月リリース分)すべて見る

新着記事What's New

学会レポートCongress Report
合併症を有する多発性骨髄腫の治療選択 ~アミロイドーシス、骨病変への対応~ 骨髄腫学会2019レポート③ シンポジウム2「合併症の病態に基づく骨髄腫の最適な治療選択合併症を有する多発性骨髄腫の治療選択 ~アミロイドーシス、骨病変への対応~2019.06.20シンポジウム2では、「合併症の病態に基づく骨髄腫の最適な治療選択」をテーマに腎障害、アミロイドーシス、骨病変を合併した骨髄腫の病態と現在の治療について講演があった。ここでは、JCHO京都鞍馬口医療センター血液内科の淵田真一氏の「アミロイドーシス合併骨髄腫患者の治療」と徳島大学 血液・内分泌代謝内科学分野の安倍正博氏の「骨髄腫骨病変治療の進歩と展望」を紹介する。
この論文に注目!Focus on
2019年6月の注目論文 2019年6月の注目論文柴山浩彦(大阪大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授)2019.06.20血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年6月分は、柴山浩彦氏が担当します。
学会レポートCongress Report
Pros:レナリドミドによるPFS延長は確立されている Cons:細胞遺伝学、MRD、免疫能を考慮した対応を(後編:Cons) 骨髄腫学会2019レポート②-2 Pros and Cons「自家移植後の維持療法は必要か?どのような患者が適応で、どのような維持療法が良いのか?Pros:レナリドミドによるPFS延長は確立されている Cons:細胞遺伝学、MRD、免疫能を考慮した対応を(後編:Cons)2019.06.13テーマは「自家移植後の維持療法は必要か?どのような患者が適応で、どのような維持療法が良いのか?」。Prosの原三信病院血液内科の上村智彦氏が「レナリドミドによる維持療法によるPFSの有意な延長は多くの臨床試験で認められており、プロテアソーム阻害薬による維持療法も有効」と主張したのに対し、Consの徳島県立中央病院血液内科の尾崎修治氏は「導入療法が強力になり、維持療法の意義は薄れつつある。患者の細胞遺伝学、MRD+/−、免疫能などを考慮した治療全体の強化が重要」と反論した。ここでは、Consの徳島県立中央病院血液内科の尾崎修治氏の講演を紹介する。
気鋭の群像Young Japanese Hematologist
「町の医者」が手作りの臨床試験を完遂 CD5陽性DLBCLの新しい治療法の開発に道筋(後編) 「町の医者」が手作りの臨床試験を完遂 CD5陽性DLBCLの新しい治療法の開発に道筋(後編)宮﨑香奈(三重大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)2019.06.132008年には、マイクロアレイを用いてγδ T細胞リンパ腫を含む末梢性T細胞リンパ腫における遺伝子発現プロファイリングを行なった結果を、国際悪性リンパ腫会議(ICML)に投稿、口演に採択されました。ルガノには行ったこともありませんし、英語でプレゼンテーションしたこともありません。何度も練習し、山口先生や瀬戸先生に表現や発音を修正してもらいました。
学会レポートCongress Report
Pros:レナリドミドによるPFS延長は確立されている Cons:細胞遺伝学、MRD、免疫能を考慮した対応を(前編:Pros) 骨髄腫学会2019レポート②-1 Pros and Cons「自家移植後の維持療法は必要か?どのような患者が適応で、どのような維持療法が良いのか?Pros:レナリドミドによるPFS延長は確立されている Cons:細胞遺伝学、MRD、免疫能を考慮した対応を(前編:Pros)2019.06.06日本骨髄腫学会で初の試み、Pros and Consのセッションが、会長の飯田真介氏の肝煎りで行なわれた。テーマは「自家移植後の維持療法は必要か?どのような患者が適応で、どのような維持療法が良いのか?」。Prosの原三信病院血液内科の上村智彦氏が「レナリドミドによる維持療法によるPFSの有意な延長は多くの臨床試験で認められており、プロテアソーム阻害薬による維持療法も有効」と主張したのに対し、Consの徳島県立中央病院血液内科の尾崎修治氏は「導入療法が強力になり、維持療法の意義は薄れつつある。患者の細胞遺伝学、MRD+/−、免疫能などを考慮した治療全体の強化が重要」と反論した。まずは、Prosの原三信病院血液内科の上村智彦氏の講演を紹介する。
気鋭の群像Young Japanese Hematologist
「町の医者」が手作りの臨床試験を完遂 CD5陽性DLBCLの新しい治療法の開発に道筋(前編) 「町の医者」が手作りの臨床試験を完遂 CD5陽性DLBCLの新しい治療法の開発に道筋(前編)宮﨑香奈(三重大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学)2019.06.06びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の中でも予後不良とされるCD5陽性DLBCLの予後改善に向け、10年近くにわたり新規治療法の開発に取り組んできた、三重大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学の宮﨑香奈氏。dose-adjusted EPOCH-R療法と大量メトトレキサート療法を組み合わせた治療法による前向きの多施設共同第Ⅱ相試験の解析結果を2018年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で報告し、新規治療法の開発への道筋を付けた。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
AMLに対するCAR-T療法開発の現状 非ウイルスベクターを用いコスト引き下げも 特集急性白血病の新規治療分子標的薬が続々登場、CAR-T療法の開発も進む(5)急性骨髄性白血病(AML)の治療の基本骨格は長年変わらなかったが、わが国でもFLT3阻害薬、IDH1/2阻害薬、BCL2阻害薬などが導入されつつあり、いよいよAML治療のパラダイムが変わろうとしている。急性リンパ性白血病(ALL)でも、抗体医薬のブリナツモマブが再発・難治性B細胞性急性リンパ性に対して承認され、新薬の開発が進んでいる。さらにAMLに対するわが国独自のCAR-T療法の開発も進められている。このように、これまでの停滞を一気に解消するかのように多くの薬剤、抗体薬、細胞療法が急性白血病に投入されている。ここでは、AML、ALL、CAR-T療法の各分野の専門家に、急性白血病治療の最前線について解説してもらった。(責任編集 宮﨑泰司)AMLに対するCAR-T療法開発の現状 非ウイルスベクターを用いコスト引き下げも中沢洋三(信州大学医学部小児医学教室)2019.05.30CD19特異的キメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞療法(CAR-T療法)が、わが国でも保険適用となり、治療に難渋していた血液疾患の治療成績の向上が期待される。一方で、コストの高さや安全性の確保など普及に向けての課題も多い。我々は、遺伝子導入に非ウイルスベクターを用いる独自技術でわが国発のCAR-T療法の開発に挑んでいる。CAR-T療法の現状とAML治療への応用の展望を解説する。
学会レポートCongress Report
第44回日本骨髄腫学会が開催 「個性に基づく治療」の実現に向け活発な議論 骨髄腫学会2019レポート① 会長講演「プレシジョンメディシン時代における多発性骨髄腫治療の展望第44回日本骨髄腫学会が開催 「個性に基づく治療」の実現に向け活発な議論2019.05.30第44回日本骨髄腫学会学術集会(会長:名古屋市立大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学教授・飯田真介氏)が、2019年5月11〜12日、愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で開催された。15年ぶりの名古屋での開催で、この間にプロテアソーム阻害薬、免疫調節薬など多くの新規薬剤が登場し、骨髄腫の治療は様変わりした。治療選択肢が増え、患者一人ひとりの状態に合わせた治療が可能になる時代を迎えた今、その実現に向けて、様々なプログラムが組まれ、活発な議論が交わされた。
この論文に注目!Focus on
2019年5月の注目論文(Vol. 2) 2019年5月の注目論文(Vol. 2)坂田麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)2019.05.30血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年5月分(Vol. 2)は、坂田麻実子氏が担当します。
血液学のクロスワードパズルHematoPuzzle
HematoPuzzle #4 史上初!?血液学のクロスワードパズルHematoPuzzle #42019.05.30息ぬきにいかがでしょうか?
Hematopaseoからのお知らせInformation
「Hematopaseo」第4号(無料)のお届けについて 「Hematopaseo」第4号(無料)のお届けについて2019.05.30このたび「Hematopaseo」第4号を発行いたしました。医師、薬剤師、看護師、医学生・医療系学生、および一般企業を除く医療関連機関にご所属の会員の方で、情報誌の発送をご希望のみなさまに「Hematopaseo」第4号を発送いたします。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
再発・難治性B-ALL治療におけるブリナツモマブへの期待と課題 特集急性白血病の新規治療分子標的薬が続々登場、CAR-T療法の開発も進む(4)急性骨髄性白血病(AML)の治療の基本骨格は長年変わらなかったが、わが国でもFLT3阻害薬、IDH1/2阻害薬、BCL2阻害薬などが導入されつつあり、いよいよAML治療のパラダイムが変わろうとしている。急性リンパ性白血病(ALL)でも、抗体医薬のブリナツモマブが再発・難治性B細胞性急性リンパ性に対して承認され、新薬の開発が進んでいる。さらにAMLに対するわが国独自のCAR-T療法の開発も進められている。このように、これまでの停滞を一気に解消するかのように多くの薬剤、抗体薬、細胞療法が急性白血病に投入されている。ここでは、AML、ALL、CAR-T療法の各分野の専門家に、急性白血病治療の最前線について解説してもらった。(責任編集 宮﨑泰司)再発・難治性B-ALL治療におけるブリナツモマブへの期待と課題宮本敏浩(九州大学大学院 医学研究院 病態修復内科(第一内科))2019.05.23急性リンパ性白血病(ALL)に対する抗体医薬の開発が進んでおり、特にこれまで予後不良であった再発・難治性のALLに対して治療効果の高い薬剤が登場している。そのなかで、2018年11月に日本で発売となったBiTE抗体であるブリナツモマブについて、そのプロファイルと有効性・安全性について解説する。
この人に聞くThe Experts
国立大初の「血液・腫瘍内科学」教授を22年 新生・血液学会の理事長として礎を築く(後編) 国立大初の「血液・腫瘍内科学」教授を22年 新生・血液学会の理事長として礎を築く(後編)金倉譲(一般財団法人住友病院 顧問)2019.05.23学外の仕事で大きかったのは、2008年に日本血液学会と日本臨床血液学会が統合され、その後、新生・日本血液学会の理事長に就任したことです。多くの学会員は「え?金倉が理事長?一体、どうなるのか・・・」と思ったことでしょう。私は、「学術・診療・研究」の3分野が学会の重要な活動であり、それを実現するための3つの目標を掲げました。優秀な人材の確保と教育、国際化、公開性です。
最新の血液疾患解説Comments on Hematology
AMLに対するIDH1/2阻害薬 いずれもCR率20%以上、ORR40%以上 特集急性白血病の新規治療分子標的薬が続々登場、CAR-T療法の開発も進む(3)急性骨髄性白血病(AML)の治療の基本骨格は長年変わらなかったが、わが国でもFLT3阻害薬、IDH1/2阻害薬、BCL2阻害薬などが導入されつつあり、いよいよAML治療のパラダイムが変わろうとしている。急性リンパ性白血病(ALL)でも、抗体医薬のブリナツモマブが再発・難治性B細胞性急性リンパ性に対して承認され、新薬の開発が進んでいる。さらにAMLに対するわが国独自のCAR-T療法の開発も進められている。このように、これまでの停滞を一気に解消するかのように多くの薬剤、抗体薬、細胞療法が急性白血病に投入されている。ここでは、AML、ALL、CAR-T療法の各分野の専門家に、急性白血病治療の最前線について解説してもらった。(責任編集 宮﨑泰司)AMLに対するIDH1/2阻害薬 いずれもCR率20%以上、ORR40%以上市川幹(獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍))2019.05.16急性骨髄性白血病(AML)発症に関与するとされる遺伝子変異の一つであるIDH1/2の変異は、機能獲得型の変異である。新たな酵素活性の獲得により、DNAを脱メチル化する酵素TET2の機能を阻害することでDNAのメチル化が蓄積し、細胞の分化異常につながると考えられている。そして、IDH1/2変異はAMLに対する治療標的として創薬の研究が進み、2017年にIDH2阻害薬のenasidenib、2018年にIDH1阻害薬のivosidenibがそれぞれ米国食品医薬品局(FDA)から承認された。本稿ではこれらのIDH1/2阻害薬について概説する。
この人に聞くThe Experts
国立大初の「血液・腫瘍内科学」教授を22年 新生・血液学会の理事長として礎を築く(前編) 国立大初の「血液・腫瘍内科学」教授を22年 新生・血液学会の理事長として礎を築く(前編)金倉譲(一般財団法人住友病院 顧問)2019.05.16「この人に聞く」のシリーズ第7回では、大阪大学血液・腫瘍内科教授を22年務め、2019年3月に退職された、住友病院顧問の金倉譲氏にご登場いただきます。内科医として臨床に携わろうと血液内科に進んだ金倉氏は、卒業後すぐに大学院に入学したことをきっかけに、研究の道に進み、43歳にして阪大教授に就任し、22年間教授を務めました。その間、2008年に日本血液学会と日本臨床血液学会が統合された後に理事長に就任し、現在の活気ある血液学会の基盤を築き上げました。「自分の殻に閉じこもらず、若い時代に研究、留学などたくさんのことに挑戦してほしい」と話します。