血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年2月の注目論文(Vol. 2)

張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年2月分(Vol. 2)は、張替秀郎氏が担当します。

Venetoclax with azacitidine disrupts energy metabolism and targets leukemia stem cells in patients with acute myeloid leukemia.

Nat Med. 24(12):1859-1866

Pollyea DA, Stevens BM, Jones CL, Winters A, Pei S, Minhajuddin M, D’Alessandro A, Culp-Hill R, Riemondy KA, Gillen AE, Hesselberth JR, Abbott D, Schatz D, Gutman JA, Purev E, Smith C, Jordan CT

ここに注目!

Venetoclaxとazacitidineは急性骨髄性白血病の白血病幹細胞のエネルギー代謝を阻害する

急性骨髄性白血病(AML)においては白血病幹細胞(LSC)の残存が再発につながる。LSCにおいては抗アポトーシス遺伝子であるBCL-2(B cell lymphoma 2)が高発現しており、BCL-2阻害薬はAMLの有用な治療法である可能性が示唆されている。
本研究では、BCL-2阻害薬であるベネトクラクスとメチル化阻害薬であるアザシチジンの併用療法がどのような機序でLSCを排除しているのか解析した。本治療を受けた患者から得られたLSCを解析したところ、電子伝達系複合体Ⅱ(ETC complex Ⅱ)が阻害されており、この阻害はコハク酸デヒドロゲナーゼ(SDHA)のグルタチオン化の低下によって起こっていることが明らかとなった。このような変化はOXPHOSを抑制するものであり、この作用により本治療はLSCを効率的かつ選択的に標的としていると考えられた。今回の知見は、LSC選択的にエネルギー代謝を阻害させることが、難治性AMLに対して臨床的に有望な治療戦略であることを示した初めての結果である。