血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年11月の注目論文(Vol. 2)

宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)

2018.11.29

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年11月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。

CPX-351 (cytarabine and daunorubicin) Liposome for Injection Versus Conventional Cytarabine Plus Daunorubicin in Older Patients With Newly Diagnosed Secondary Acute Myeloid Leukemia.

J Clin Oncol. 36(26):2684-2692

Lancet JE, Uy GL, Cortes JE, Newell LF, Lin TL, Ritchie EK, Stuart RK, Strickland SA, Hogge D, Solomon SR, Stone RM, Bixby DL, Kolitz JE, Schiller GJ, Wieduwilt MJ, Ryan DH, Hoering A, Banerjee K, Chiarella M, Louie AC, Medeiros BC

ここに注目!

CPX-351はシタラビンとダウノルビシンをリポソームにモル比5:1で含む製剤で、現在のように両薬剤を別々に投与するよりも抗白血病効果が優れると考えられている。この試験では、60~75歳の未治療二次性急性骨髄性白血病を対象としてCPX-351治療と通常のシタラビン/ダウノルビシン(7+3)治療を無作為割り付けで比較した。その結果、寛解率はCPX-351治療で有意に良好(47.7%対33.3%、P=0.016)であり、全生存についても有意に優れていた(生存期間中央値 9.56カ月対5.95カ月、P=0.003)。一方で早期死亡に有意差は無く、CPX-351は高齢の二次性急性骨髄性白血病に対する有効な治療と考えられた。Drug deliveryの違いによって治療効果が改善しており、興味の持たれる結果である。

Therapy-related acute lymphoblastic leukemia has distinct clinical and cytogenetic features compared to de novo acute lymphoblastic leukemia, but outcomes are comparable in transplanted patients.

Haematologica. 103(10):1662-1668

Aldoss I, Stiller T, Tsai NC, Song JY, Cao T, Bandara NA, Salhotra A, Khaled S, Aribi A, Al Malki MM, Mei M, Ali H, Spielberger R, O'Donnell M, Snyder D, Slavin T, Nakamura R, Stein AS, Forman SJ, Marcucci G, Pullarkat V

ここに注目!

治療関連の急性リンパ性白血病(t-ALL)は症例が少ないこともあって、WHO分類2017年でも独立したカテゴリーとしては扱われてはいない。この論文は施設で経験された連続的な1,022例のALLを検討し、そのうち93例をt-ALLとして同定し解析している。これらの例では治療からt-ALL発症まで平均6.8年で、自然発症例と比較して年齢が高く、MLL遺伝子再構成の割合が有意に高く、かつ5番と7番染色体異常も多かったと報告されている。治療成績については2年生存率で有意に不良であるものの、多変量解析では治療関連ALLであることは有意な予後不良因子ではなく、特に同種移植後の成績に差は見られなかった。本論文はt-ALLに関してのまとまった報告であり、t-ALLに対する戦略を考える上で有用な論文となるであろう。

Measurable residual disease monitoring by NGS before allogeneic hematopoietic cell transplantation in AML.

Blood. 132(16):1703-1713

Thol F, Gabdoulline R, Liebich A, Klement P, Schiller J, Kandziora C, Hambach L, Stadler M, Koenecke C, Flintrop M, Pankratz M, Wichmann M, Neziri B, Büttner K, Heida B, Klesse S, Chaturvedi A, Kloos A, Göhring G, Schlegelberger B, Gaidzik VI, Bullinger L, Fiedler W, Heim A, Hamwi I, Eder M, Krauter J, Schlenk RF, Paschka P, Döhner K, Döhner H, Ganser A, Heuser M

ここに注目!

現在のところ急性骨髄性白血病(AML)において約60%の例では測定可能残存病変(MRD)測定がなされず、十分な対応がとられていないが、多くはMRDのための適切な分子マーカーが得られないことによる。本研究ではこれを克服するために次世代シーケンサーを含めたMRD測定方法の確立を試み、その同種移植成績との関連を検討する試験が実施された。寛解期に同種移植が実施された116例のAMLに対してMRD測定が可能だったのは93%で、同種移植前のMRDは45%で陽性であり(MRDのVAF中央値0.33%、0.016%-4.91%)、移植前MRD陽性は多変量解析で独立した予後因子であった(Hazard比5.68; P<0.001)。この研究によって次世代シーケンサーによるMRD測定はAMLに対して適用可能でかつ、同種移植前のMRDの有無は予後予測因子として利用可能であることが示された。