血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年11月の注目論文(Vol. 1)

前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年11月分(Vol. 1)は、前田嘉信氏が担当します。

Outcomes of hematopoietic stem cell transplantation from unmanipulated haploidentical versus matched sibling donor in patients with acute myeloid leukemia in first complete remission with intermediate or high-risk cytogenetics: a study from the Acute Leukemia Working Party of the European Society for Blood and Marrow Transplantation.

Haematologica. 103(8):1317-1328

Salvatore D, Labopin M, Ruggeri A, Battipaglia G, Ghavamzadeh A, Ciceri F, Blaise D, Arcese W, Sociè G, Bourhis JH, Van Lint MT, Bruno B, Huynh A, Santarone S, Deconinck E, Mohty M, Nagler A

ここに注目!

AML第一寛解期におけるハプロドナー(Haplo)とHLA一致同胞ドナー(MSD)からの移植を比較したEBMTからの報告である。細胞遺伝学的中間リスク群においてHaplo移植は、GVHDや非再発死亡が多く、生存率が低下する一方、細胞遺伝学的高リスク群においては、同じくGVHDが多いが再発率が低い傾向にあり、全生存率ではMSDからの移植と有意差がない。細胞遺伝学的中間リスク群ではMSDが第一選択であるが高リスク群においては、両者は同等と結論されている。ドナー年齢、前治療強度の影響、細胞遺伝学的以外のリスク因子での解析が今後の検討課題となるだろう。