血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年12月の注目論文

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年12月分は、木崎昌弘氏が担当します。

Elotuzumab plus Pomalidomide and Dexamethasone for Multiple Myeloma.

N Engl J Med. 379(19):1811-1822

Dimopoulos MA, Dytfeld D, Grosicki S, Moreau P, Takezako N, Hori M, Leleu X, LeBlanc R, Suzuki K, Raab MS, Richardson PG, Popa McKiver M, Jou YM, Shelat SG, Robbins M, Rafferty B, San-Miguel J

ここに注目!

ボルテゾミブあるいはレナリドミド2剤に抵抗性となった再発・難治多発性骨髄腫に対する治療をどうするかは臨床的に解決しなくてはならない重要な課題である。これら2剤に抵抗性となった症例には、ポマリドミド/少量デキサメタゾン(Pd)療法の効果が知られているが(MM-003試験)、本論文はエロツズマブの上乗せ効果を検討した第Ⅲ相試験(ELOQUENT-3試験)である。主要評価項目のPFS中央値はエロツズマブ/Pd群10.3カ月、Pd群4.7カ月(HR: 0.54)でエロツズマブの上乗せ効果が証明された。サードライン以降の2剤耐性症例に対しては実績あるPd療法にエロツズマブ併用療法は有用であり、安全性にも優れているとして注目される。