血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年1月の注目論文(Vol. 1)

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

2018.01.11

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年1月分(Vol. 1)は、木崎昌弘氏が担当します。

The activated conformation of integrin β7 is a novel multiple myeloma-specific target for CAR T cell therapy.

Nat Med. 23(12):1436-1443

Hosen N, Matsunaga Y, Hasegawa K, Matsuno H, Nakamura Y, Makita M, Watanabe K, Yoshida M, Satoh K, Morimoto S, Fujiki F, Nakajima H, Nakata J, Nishida S, Tsuboi A, Oka Y, Manabe M, Ichihara H, Aoyama Y, Mugitani A, Nakao T, Hino M, Uchibori R, Ozawa K, Baba Y, Terakura S, Wada N, Morii E, Nishimura J, Takeda K, Oji Y, Sugiyama H, Takagi J, Kumanogoh A.

ここに注目!

多発性骨髄腫では恒常的に活性型インテグリンβ7が特異的に発現し、治療標的となる

大阪大学の保仙らは、骨髄腫細胞に特異的に結合する10,000クローン以上のモノクローナル抗体の中から、正常細胞には結合せず骨髄腫細胞に特異的に結合するモノクローナル抗体MMG49を同定した。機能解析の結果、MMG49はインテグリンβ7に結合することが明らかになった。興味深いことに、インテグリンβ7はほとんどの血液細胞では不活性型構造で存在するが、骨髄腫細胞では活性型立体構造を取っており、MMG49はこの活性型の構造をしたインテグリンβ7にのみ結合することが明らかになった。さらに、インテグリンβ7の活性型立体構造を標的としたCAR-T細胞が、骨髄腫特異的細胞障害を持つことが明らかになり、本研究により骨髄腫に対する新たな免疫療法の可能性が示された。

Daratumumab plus Bortezomib, Melphalan, and Prednisone for Untreated Myeloma.

N Engl J Med. 10.1056/NEJMoa1714678

Mateos MV, Dimopoulos MA, Cavo M, Suzuki K, Jakubowiak A, Knop S, Doyen C, Lucio P, Nagy Z, Kaplan P, Pour L, Cook M, Grosicki S, Crepaldi A, Liberati AM, Campbell P, Shelekhova T, Yoon SS, Iosava G, Fujisaki T, Garg M, Chiu C, Wang J, Carson R, Crist W, Deraedt W, Nguyen H, Qi M, San-Miguel J; ALCYONE Trial Investigators.

ここに注目!

ダラツムマブ+VMP療法は初発多発性骨髄腫に有効である

本研究は、初発移植非適応多発性骨髄腫に対して標準治療となっているVMP療法にダラツムマブを上乗せした効果を検討したものであり、その内容は、2017年ASHのlate-breaking abstractに選出された。706例の初発移植非適応例をVMP群(コントロール群)とダラツムマブ+VMP群にランダム化し、9サイクルの治療を行なった。主要評価項目である18ヵ月のPFSは、ダラツムマブ群71.6%、コントロール群50.2%で有意にダラツムマブ群が優れていた。特記すべきは、ダラツムマブ群では22.3%がMRD陰性となった。ダラツムマブによるinfusion reactionは27.7%に認められ、ダラツムマブ群では感染症が有意に多かった。本研究により、今後は初発例に対するダラツムマブの使用が議論されるようになると思われる。

Promising efficacy and acceptable safety of venetoclax plus bortezomib and dexamethasone in relapsed/refractory MM.

Blood. 130(22):2392-2400

Moreau P, Chanan-Khan A, Roberts AW, Agarwal AB, Facon T, Kumar S, Touzeau C, Punnoose EA, Cordero J, Munasinghe W, Jia J, Salem AH, Freise KJ, Leverson JD, Enschede SH, Ross JA, Maciag PC, Verdugo M, Harrison SJ.

ここに注目!

再発・難治骨髄腫に対する新たな治療薬としてのBCL-2阻害薬Venetoclax

BCL-2選択的阻害薬Venetoclaxの種々の造血器腫瘍への効果が注目されている。本研究は、ボルテゾミブ、レナリドミド抵抗例を含む66例の再発・難治骨髄腫に対するボルテゾミブ+デキサメタゾンにVenetoclaxを併用した第Ib相試験である。Venetoclaxは50-1,200mg/日を使用した(安全な最大投与量は800mg)。その結果、全奏効率(ORR)67%で、42%がVGPR以上を達成し、特にBCL-2高発現例に著効を示した。有害事象としては、中等度の胃腸症状とGr3以上の血液障害(血小板減少29%、貧血15%)が主なものであった。Venetoclax単剤の有効性も報告されており、本剤はダラツムマブをもって一段落した骨髄腫治療に新たな治療選択肢を加えると思われる。