血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2017年9月の注目論文

坂田麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

2017.11.02

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2017年9月分は、坂田麻実子氏が担当します。

Asparaginase-associated pancreatitis in childhood acute lymphoblastic leukaemia: an observational Ponte di Legno Toxicity Working Group study.

Lancet Oncol. 18(9):1238-1248

Wolthers BO, Frandsen TL, Baruchel A, Attarbaschi A, Barzilai S, Colombini A, Escherich G, Grell K, Inaba H, Kovacs G, Liang DC, Mateos M, Mondelaers V, Möricke A, Ociepa T, Samarasinghe S, Silverman LB, van der Sluis IM, Stanulla M, Vrooman LM, Yano M, Zapotocka E, Schmiegelow K

ここに注目!

臨床研究に登録された小児Ph陰性急性リンパ性白血病におけるアスパラギナーゼ関連膵炎による合併症および再投与時の膵炎発症リスクについて調べた研究。膵炎は465例で同定され、このうち96例でアスパラギナーゼの再投与が行われた。再投与時の膵炎発症は44例(46%)と高率にみられ、再投与時の膵炎発症は初回膵炎の重症度では予測できなかった。そこで、アスパラギナーゼの再投与はリスクベネフィットを十分考慮するほうがよく、同時にアスパラギナーゼ投与を避けるほうが望ましい遺伝的リスクについても調べるほうがよい。

Durable Molecular Remissions in Chronic Lymphocytic Leukemia Treated With CD19-Specific Chimeric Antigen Receptor-Modified T Cells After Failure of Ibrutinib.

J Clin Oncol. 35(26):3010-3020

Turtle CJ, Hay KA, Hanafi LA, Li D, Cherian S, Chen X, Wood B, Lozanski A, Byrd JC, Heimfeld S, Riddell SR, Maloney DG

ここに注目!

イブルチニブ耐性の慢性リンパ球性白血病に対して、CD19を標的とするCAR-T細胞療法の安全性と有効性を調べたPhaseI/II試験。骨髄病変については高率に分子学的寛解が達成されたが、リンパ節病変に対する効果は限定的であった。このため、CD19を標的とするCAR-T細胞療法は比較的早期に行ったほうがよいのかもしれない。

FDG-PET-driven consolidation strategy in diffuse large B-cell lymphoma: final results of a randomized phase 2 study.

Blood. 130(11):1315-1326

Casasnovas RO, Ysebaert L, Thieblemont C, Bachy E, Feugier P, Delmer A, Tricot S, Gabarre J, Andre M, Fruchart C, Mounier N, Delarue R, Meignan M, Berriolo-Riedinger A, Bardet S, Emile JF, Jais JP, Haioun C, Tilly H, Morschhauser F

ここに注目!

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するR-ACVBP療法およびR-CHOP14療法、さらには中間PET(2コースおよび4コース後)にもとづく地固め療法のランダム化比較試験の最終解析結果。SUVmaxのPET4における減少の程度 (ΔSUVmax PET0-4 <=70%)が予後予測に優れることを示した点で興味深い。