血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年3月の注目論文(Vol. 2)

宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年3月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。

Microbiota as Predictor of Mortality in Allogeneic Hematopoietic-Cell Transplantation.

N Engl J Med. 382(9):822-834

Peled JU, Gomes ALC, Devlin SM, Littmann ER, Taur Y, Sung AD, Weber D, Hashimoto D, Slingerland AE, Slingerland JB, Maloy M, Clurman AG, Stein-Thoeringer CK, Markey KA, Docampo MD, Burgos da Silva M, Khan N, Gessner A, Messina JA, Romero K, Lew MV, Bush A, Bohannon L, Brereton DG, Fontana E, Amoretti LA, Wright RJ, Armijo GK, Shono Y, Sanchez-Escamilla M, Castillo Flores N, Alarcon Tomas A, Lin RJ, Yáñez San Segundo L, Shah GL, Cho C, Scordo M, Politikos I, Hayasaka K, Hasegawa Y, Gyurkocza B, Ponce DM, Barker JN, Perales MA, Giralt SA, Jenq RR, Teshima T, Chao NJ, Holler E, Xavier JB, Pamer EG, van den Brink MRM

ここに注目!

本研究では、以前より報告のある腸内細菌叢と同種造血幹細胞移植後の臨床成績との関連が一般化できるのかについて詳細に検討されている。米国、ドイツ、日本の4移植センターで、同種造血幹細胞移植を受ける1,362名の患者から8,767の便検体を採取し、16SリボソームRNAシーケンスによって腸内細菌叢を同定して、その結果と種々の臨床成績との関連が検討されている。移植患者の腸内細菌叢では単一の細菌群が優勢になって多様性が失われており、腸内細菌叢の多様性は移植センターの違いにかかわらず低い移植関連死と有意に関連しており、GVHDの寄与も考えられた。腸内細菌叢の乱れは移植前からみられ、多様性が失われていることは移植後予後不良を示唆していた。同種移植成績と腸内細菌叢の関連は、地理的および移植センターの違いを超えて観察されており、また腸はGVHDの重要な標的臓器でもあるため、大変興味深い報告である。