血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年3月の注目論文(Vol. 1)

前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年3月分(Vol. 1)は、前田嘉信氏が担当します。

Optimizing Chimeric Antigen Receptor T-Cell Therapy for Adults With Acute Lymphoblastic Leukemia.

J Clin Oncol. 38(5):415-422

Frey NV, Shaw PA, Hexner EO, Pequignot E, Gill S, Luger SM, Mangan JK, Loren AW, Perl AE, Maude SL, Grupp SA, Shah NN, Gilmore J, Lacey SF, Melenhorst JJ, Levine BL, June CH, Porter DL

ここに注目!

CD19標的CART療法(tisagenlecleucel)は再発・難治性の小児B-ALLに81%の奏効率を示し、日本でも保険収載されている。しかし、サイトカイン放出症候群(CRS)は致死的合併症であり克服すべき課題である。本研究では、成人B-ALLを対象に、高用量(5 x 108)1回投与か、高用量もしくは低用量(5 x 107)を3日間分割投与(day1 10%、day2 30%、day3 60%)を行ない、比較検討した。その結果、低用量分割投与では効果も副作用も少なかったのに対し、高用量1回投与では6人中3人が治療抵抗性のCRSを発症した。一方、高用量分割投与群は90%の完全寛解と治療可能なCRSで、2年の全生存率が73%であった。3日間分割投与という単純な方法で重篤なCRSを回避しつつ、効果が得られる可能性が示唆され、実臨床にもすぐに応用されると思われる。