血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年4月の注目論文(Vol. 1)

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年4月分(Vol. 1)は、木崎昌弘氏が担当します。

Use of CAR-Transduced Natural Killer Cells in CD19-Positive Lymphoid Tumors.

N Engl J Med. 382(6):545-53

Liu E, Marin D, Banerjee P, Macapinlac HA, Thompson P, Basar R, Nassif Kerbauy L, Overman B, Thall P, Kaplan M, Nandivada V, Kaur I, Nunez Cortes A, Cao K, Daher M, Hosing C, Cohen EN, Kebriaei P, Mehta R, Neelapu S, Nieto Y, Wang M, Wierda W, Keating M, Champlin R, Shpall EJ, Rezvani K

ここに注目!

新しいがん治療としてCAR-T細胞療法が注目されているが、CRSや神経毒性などの重篤な有害事象が報告されている。今回、MDアンダーソンから報告された、B細胞性腫瘍に対するCD19 CAR-NK細胞療法は、CAR-T細胞療法の欠点を補う画期的な治療法である。臍帯血から分離したNK細胞を特定のがんターゲットに対するCARを発現するように改変し、さらにIL-15で体内のCAR-NK細胞の増殖や生存を促進するように考えられている。このCD19に対するCAR-NK細胞療法を11例の再発・難治B細胞性腫瘍に投与した結果、8例が治療に反応し、CRSや神経毒性はみられなかった。さらに、CAR-NK細胞は12カ月にわたって生存していた。CAR-T細胞と異なり、NK細胞は健常なドナーから採取されるので、事前に作製し緊急時にも使用可能であり、外来でも治療可能とのことである。この技術は武田薬品にライセンス供与されたとのことであり、今後が楽しみである。