血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年9月の注目論文(Vol. 2)

坂田(柳元)麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年9月分(Vol. 2)は、坂田(柳元)麻実子氏が担当します。

Progression of Disease Within 24 Months in Follicular Lymphoma Is Associated With Reduced Intratumoral Immune Infiltration.

J Clin Oncol. 2019 Aug 28. [Epub ahead of print]

Tobin JWD, Keane C, Gunawardana J, Mollee P, Birch S, Hoang T, Lee J, Li L, Huang L, Murigneux V, Fink JL, Matigian N, Vari F, Francis S, Kridel R, Weigert O, Haebe S, Jurinovic V, Klapper W, Steidl C, Sehn LH, Law SC, Wykes MN, Gandhi MK

ここに注目!

濾胞性リンパ腫(FL)の予後不良を予測する指標とされる「24カ月以内の進行(POD24)」と腫瘍組織内の免疫細胞浸潤との関連についての研究。免疫に関わる遺伝子(免疫エフェクター分子、免疫チェックポイント、マクロファージ関連分子)の発現をdigital gene expression (DGE)により調べた。早期あるいは進行期FL(n=132, discovery cohort)とR-CVP療法(n=138)あるいはR-CHOP療法(n=45)を行なった進行期FL(validation cohort)について、POD24がみられた群と5年以上再発がない群を比較した。PD-L2低発現は最も予後不良と相関していた。PD-L2低発現の場合を低免疫浸潤群、PD-L2高発現の場合を高免疫浸潤群としたところ、高免疫浸潤群ではマクロファージやT細胞の浸潤がみられた。低免疫浸潤群ではPOD24の比率が高く、validationコホートでも同様の結果が示された。PD-L2発現はPOD24の予測に有用なツールと考えられた。