血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年10月の注目論文(Vol. 1)

柴山浩彦(大阪大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年10月分(Vol. 1)は、柴山浩彦氏が担当します。

Bortezomib, thalidomide, and dexamethasone with or without daratumumab before and after autologous stem-cell transplantation for newly diagnosed multiple myeloma (CASSIOPEIA): a randomised, open-label, phase 3 study.

Lancet. 394(10192):29-38

Moreau P, Attal M, Hulin C, Arnulf B, Belhadj K, Benboubker L, Béné MC, Broijl A, Caillon H, Caillot D, Corre J, Delforge M, Dejoie T, Doyen C, Facon T, Sonntag C, Fontan J, Garderet L, Jie KS, Karlin L, Kuhnowski F, Lambert J, Leleu X, Lenain P, Macro M, Mathiot C, Orsini-Piocelle F, Perrot A, Stoppa AM, van de Donk NW, Wuilleme S, Zweegman S, Kolb B, Touzeau C, Roussel M, Tiab M, Marolleau JP, Meuleman N, Vekemans MC, Westerman M, Klein SK, Levin MD, Fermand JP, Escoffre-Barbe M, Eveillard JR, Garidi R, Ahmadi T, Zhuang S, Chiu C, Pei L, de Boer C, Smith E, Deraedt W, Kampfenkel T, Schecter J, Vermeulen J, Avet-Loiseau H, Sonneveld P

ここに注目!

抗CD38抗体薬のダラツムマブ(Dara)を含んだレジメンが、初発MMに対し行なわれた第Ⅲ相試験としては、ALCYONE study(Dara-BMP vs BMP)とMAIA study(Dara-Ld vs Ld)がすでに論文発表されているが、両方とも、移植非適応の初発MMを対象とした試験であった。一方、CASSIOPEIA studyは、移植適応の初発MM 1,085例を対象に、Dara-BTd療法(n=543)とBTd療法(n=542)を比較したヨーロッパで実施された試験である。結果、主要評価項目の移植後100日時点でのsCR率は、29%と22%(Dara-BTd療法 vs BTd療法)であった。また、MFCによるMRD陰性率は、64%と44%(Dara-BTd療法 vs BTd療法)であった。G3/4の主な有害事象は、Dara-BTd療法 vs BTd療法で好中球減少は28%、15%、リンパ球減少は17%、10%、口内炎は13%、16%であり、安全性の面はDara併用によっても特に問題はないように思われた。Daraが、移植前のInduction治療としても有用であることが第Ⅲ相試験で初めて示された。