血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年9月の注目論文(Vol. 1)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年9月分(Vol. 1)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Impact of Concurrent Indolent Lymphoma on the Clinical Outcome of Newly Diagnosed Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

Blood. 2019 Jul 26. [Epub ahead of print]

Wang Y, Link BK, Witzig TE, Maurer MJ, Allmer C, King RL, Feldman AL, Habermann TM, Ansell SM, Slager SL, Cerhan JR, Nowakowski GS

ここに注目!

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者では、診断時に濾胞性リンパ腫(FL)などのインドレントB細胞リンパ腫の合併を10%程度に認めることがある。インドレントB細胞リンパ腫の成分は、DLBCLと同一の病変に認められることもあれば(composite)、骨髄を含む他の組織に認められることもある(discordant)。このような場合、初発時から組織学的形質転換を来しているとも考えられるが、通常のDLBCLの患者の予後と違うのかはこれまで分かっていなかった。この研究ではリンパ腫患者の前向きコホート研究であるMolecular Epidemiology Resource (MER) of the University of Iowa/Mayo Clinic Lymphoma Specialized Program of Research Excellence (SPORE)のデータベースを用いて、DLBCLの診断時に背景にインドレントB細胞リンパ腫を合併している患者が13%いること、そのうち半数以上がFLを合併していることが示された。背景にFLが合併している患者の予後は胚中心B細胞型のDLBCLのみの患者と同等であった。また、このようなインドレントB細胞リンパ腫合併DLBCL患者では、DLBCLとしての再発もインドレントB細胞リンパ腫としての再発もあることが分かった。実地診療でこのような患者に対する診療を考える上で有用なデータとなると思われる。