血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年9月の注目論文(Vol. 2)

坂田(柳元)麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年9月分(Vol. 2)は、坂田(柳元)麻実子氏が担当します。

CCR4 mutations associated with superior outcome of adult T-cell leukemia/lymphoma under mogamulizumab treatment.

Blood. 132(7):758-761

Sakamoto Y, Ishida T, Masaki A, Murase T, Yonekura K, Tashiro Y, Tokunaga M, Utsunomiya A, Ito A, Kusumoto S, Iida S, Ueda R, Inagaki H

ここに注目!

成人T細胞性白血病/リンパ腫(ATL)におけるCCR4変異の臨床的意義に関する本邦からの研究報告。ATLの多くはCCR4を発現することから、CCR4を標的とする抗体薬モガムリズマブが開発された。さらに一部のATLではCCR4のC末に機能獲得型変異がみられる。本研究においては、ATL116例のうちCCR4変異は38例(32.8%)にみられた。CCR4変異の有無により臨床パラメータに差は認めなかった。「モガムリズマブ未使用かつ同種造血幹細胞移植(allo HSCT)未施行」群、および「allo HSCT施行」群では、CCR4変異の有無によりOSに差を認めなかった。しかしながら、「モガムリズマブ使用かつallo HSCT未施行」群における5年OSは、病型全体およびアグレッシブATLのいずれでも、CCR4変異(+)のほうが変異(-)より良好であった(5年OS、CCR4変異(+) vs (-): [病型全体 n=42] 72.2% vs 26.2% [p=0.027]、[アグレッシブATL n=38] 80.0% vs 24.7% [p=0.006])。CCR4変異はモガムリズマブの有効性を予測する優れたバイオマーカーとなる可能性がある。今後、大規模研究による検証が望まれる。