血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

最新の血液疾患解説Comments on Hematology

特集治療の幅が広がった多発性骨髄腫再発・難治例に新たな治療選択肢(3)特集で多発性骨髄腫(MM)を取り上げてから3年余りが経過した。当時は “新薬ラッシュ”で、プロテアソーム阻害薬(PI)、免疫調節薬(IMiDs)、抗体薬をどのように組み合わせ、どのタイミングで用いるかが議論された。
その後、ダラツムマブは初発MMに保険適用となり、2020年には新たな抗CD38抗体薬のイサツキシマブが登場した。さらにPI、IMiDs、抗体薬の3クラスの薬剤とは異なる作用機序を有するselinexor、ベネトクラクス、BCMA-BiTEなどの新規治療薬の開発が進んでいる。CAR-T療法の治験も進行中であり、再発・難治性MMの治療選択肢は増えつつある。また、MM細胞の遺伝子変異のパネルシーケンスが行なわれるようになり、変異遺伝子の種類に応じた個別化医療も視野に入ってきた。新たな治療法や遺伝子診断を治療成績の向上にどう結び付けていくのか、4人の専門医に解説していただいた。
(責任編集 柴山浩彦)

多発性骨髄腫に対するCAR-T療法の展望
他剤との“合わせ技”でMM細胞を限りなく減らす

鈴木憲史(日本赤十字社医療センター 骨髄腫・アミロイドーシスセンター長)

多発性骨髄腫(MM)の治療法の一つとして、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の臨床応用を目指した治験が、わが国でも進められている。再発・難治性のMMを対象に、B細胞成熟抗原(BCMA)を標的としたCAR-T療法で、その治療成績に注目が集まる。一方で、CAR-T療法を含めたMMの治療費は年々高騰を続け、医療資源の活用の面からの検討も求められるようになった。ここでは、MM治療におけるCAR-T療法の位置づけと、費用対効果も含めた今後の展望を解説する。