血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年10月の注目論文(Vol. 2)

張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年10月の注目論文(Vol. 2)は、張替秀郎氏が担当します。

Roxadustat for Anemia in Patients with Kidney Disease Not Receiving Dialysis.

N Engl J Med. 381(11):1001-1010

Chen N, Hao C, Peng X, Lin H, Yin A, Hao L, Tao Y, Liang X, Liu Z, Xing C, Chen J, Luo L, Zuo L, Liao Y, Liu BC, Leong R, Wang C, Liu C, Neff T, Szczech L, Yu KP

ここに注目!

非透析腎臓病の貧血に対するRoxadustat治療

正常酸素分圧下ではProlyl hydroxylase(PHD)が活性化し、転写因子HIF2αはユビキチン化され分解されるため、エリスロポエチンをはじめとするターゲット遺伝子の転写は抑制されている。Roxadustat(FG-4592)は経口のPHD阻害剤で、HIF2αを安定化させる作用を有する。本研究は、エリスロポエチン産生が相対的に低下している腎性貧血(非透析)における本剤の有効性・安全性を検証するプラセボ対照ランダム化試験である。プラセボと比較し、本剤投与群では有意に貧血が改善するとともに、へプシジンレベルが低下し、鉄代謝も改善した。HIF2αの発現上昇は多岐にわたる組織の変化をもたらす可能性があり、長期的な安全性の確認が必要であるが、本研究において本剤が腎性貧血に対する新たな治療薬であることが示された。なお、本号の別の論文では透析患者を対象としたRCTの結果が報告されているが、本邦においては世界に先駆けて本剤の透析患者への投与が保険承認されている。

Antibody Conditioning Enables MHC-Mismatched Hematopoietic Stem Cell Transplants and Organ Graft Tolerance.

Cell Stem Cell. 25(2):185-192

George BM, Kao KS, Kwon HS, Velasco BJ, Poyser J, Chen A, Le AC, Chhabra A, Burnett CE, Cajuste D, Hoover M, Loh KM, Shizuru JA, Weissman IL

ここに注目!

抗体を用いた前処置はMHC不適合造血幹細胞移植と臓器移植片への免疫学的寛容を可能とする。

造血幹細胞移植を実施する際には、患者の造血システムを除去するために、化学療法や放射線療法を用いる必要がある。本研究では、6つのモノクローナル抗体(CD47、T細胞、NK細胞、造血幹細胞を標的とする)を用いた前処置により、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)が半合致、全不適合の場合であってもレシピエントにおいて安定した造血システムの再構成が可能であることが示された。さらにこの方法により、MHC半合致の造血幹細胞ドナーから採取した心筋組織を造血幹細胞レシピエントに移植することも可能であった。これは免疫抑制療法を用いない臓器移植の可能性を示唆したものである。またMHC全不適合移植を行なった混合キメラマウスでは外来抗原に対する抗体産生能を有していたことから、免疫応答能も維持されていることが明らかとなった。

これらの結果は、抗体を用いた前処置は低毒性でありながらMHC不適合造血幹細胞移植や臓器移植も行なうことができることを示している。

Tisagenlecleucel CAR T-cell therapy in secondary CNS lymphoma.

Blood. 134(11):860-866

Frigault MJ, Dietrich J, Martinez-Lage M, Leick M, Choi BD, DeFilipp Z, Chen YB, Abramson J, Crombie J, Armand P, Nayak L, Panzini C, Riley LS, Gallagher K, Maus MV

ここに注目!

二次性中枢神経リンパ腫に対するCAR-T療法

Chimeric antigen receptor(CAR)-T細胞治療は複数の再発・難治性の造血器腫瘍に対する新たな治療法として期待されており、本邦においては再発・難治性のDLBCLとB-ALLに対して保険承認が得られている。しかしながら、重篤なcytokine release syndromeや中枢神経障害を合併するリスクが高く、臨床試験においては中枢神経浸潤を有する症例が除外されている。本論文では二次性の中枢神経リンパ腫に対するCAR-T療法の治療経験が報告されている。8例と少数の症例であるが、グレードⅠを超える神経毒性は見られず、トシリズマブやステロイドの投与も必要ではなかった。さらに、中枢神経病変への治療効果も確認された。本論文は、CNS病変を有する症例に対するCAR-T療法の可能性を示唆するものであるが、他の疾患、特にB-ALLの中枢神経浸潤も同様に治療し得るのかについては慎重な検討が必要と思われる。