血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年11月の注目論文(Vol. 1)

前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年11月分(Vol. 1)は、前田嘉信氏が担当します。

Fecal microbiota transplantation before or after allogeneic hematopoietic transplantation in patients with hematological malignancies carrying multidrug-resistance bacteria.

Haematologica. 104(8):1682-1688

Battipaglia G, Malard F, Rubio MT, Ruggeri A, Mamez AC, Brissot E, Giannotti F, Dulery R, Joly AC, Baylatry MT, Kossmann MJ, Tankovic J, Beaugerie L, Sokol H, Mohty M

ここに注目!

糞便移植は腸管細菌叢の正常化を通して腸管バリアーの保全と免疫抑制、抗炎症作用をもたらし、その結果GVHDの軽減につながると考えられている。本研究は同種造血幹細胞移植の際に問題となる多剤耐性菌の克服を目的として糞便移植を実施した。CPE(カルバペネマーゼ産生菌)、VRE感染の10例に対し、健康な血縁、非血縁ドナーから糞便移植を施行した。造血幹細胞移植前に糞便移植を行なった4例中4例、また移植後に糞便移植を行なった6例中3例において、脱コロナイゼーションが達成された。副作用は軽度であり、1例が腸管のGVHD(grade Ⅲ)を発症した。移植の有無に関わらず、治療の障害となる多剤耐性菌の克服を目的として糞便移植が普及するかもしれない。