血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年11月の注目論文(Vol. 2)

宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年11月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。

Gilteritinib or Chemotherapy for Relapsed or Refractory FLT3-Mutated AML.

N Engl J Med. 381(18):1728-1740

Perl AE, Martinelli G, Cortes JE, Neubauer A, Berman E, Paolini S, Montesinos P, Baer MR, Larson RA, Ustun C, Fabbiano F, Erba HP, Di Stasi A, Stuart R, Olin R, Kasner M, Ciceri F, Chou WC, Podoltsev N, Recher C, Yokoyama H, Hosono N, Yoon SS, Lee JH, Pardee T, Fathi AT, Liu C, Hasabou N, Liu X, Bahceci E, Levis MJ

ここに注目!

FLT3遺伝子変異は急性骨髄性白血病(AML)において最も頻度の高いものの一つであり、予後不良と強く関連している。Gliteritinibはinternal tandem duplicationおよびキナーゼドメイン点突然変異を有するFLT3に有効な経口FLT3阻害剤で、FLT3変異陽性AMLへの効果が期待されている。そこで本剤の効果を検証するために、再発・難治のFLT3変異AMLを対象にgilteritinibとサルベージ化学療法の無作為比較試験が実施された。全生存を主要評価項目として371例が2:1の比でgirteritinibと化学療法に割り付けられた。生存期間中央値はgilteritinib群で9.3カ月、化学療法群で5.6カ月と有意にgilteritinib群が優っていた(P<0.001)。Grade3以上の有害事象はgilteritinib群に少なく、gilteritinibは再発・難治FLT3変異陽性AMLへの新たな治療薬と考えられた。