血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年12月の注目論文(Vol. 1)

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年12月分(Vol. 1)は、木崎昌弘氏が担当します。

Pegylated interferon alfa-2a for polycythemia vera or essential thrombocythemia resistant or intolerant to hydroxyurea.

Blood. 134(18):1498-1509

Yacoub A, Mascarenhas J, Kosiorek H, Prchal JT, Berenzon D, Baer MR, Ritchie E, Silver RT, Kessler C, Winton E, Finazzi MC, Rambaldi A, Vannucchi AM, Leibowitz D, Rondelli D, Arcasoy MO, Catchatourian R, Vadakara J, Rosti V, Hexner E, Kremyanskaya M, Sandy L, Tripodi J, Najfeld V, Farnoud N, Papaemmanuil E, Salama M, Singer-Weinberg R, Rampal R, Goldberg JD, Barbui T, Mesa R, Dueck AC, Hoffman R

ここに注目!

最近、骨髄増殖性腫瘍(MPN)の病態解明や治療に関する研究が進み多くの注目を集めている。本態性血小板血症(ET)や真性多血症(PV)にインターフェロンが奏効することは以前より知られていたが、本論文は、Myeloproliferative Disorders Research Consortium(MPD-RC)によって行なわれたヒドロキシウレアに抵抗性を示す高リスクET、PVに対するペグ化インターフェロン(PEG)の効果を検討した第Ⅱ相試験の結果である。ヒドロキシウレアに抵抗性あるいは不耐用のET65例およびPV50例に対するPEGの効果は、各々の全奏効率(CR/PR)69%(43%/26%)、60%(22%/38%)であった。興味深いことにETでは、CALR遺伝子変異を有する症例は有意にPEGによるCR率が高かった。ヒドロキシウレアに効果を示さないPVに対してはruxolitinibがすでに保険承認されているが、今後はPEGとの比較試験や両者を併用した際の効果が興味深い。MPNの治療は今後さらに展開しそうである。

Identifying and targeting pathogenic PI3K/AKT/mTOR signaling in IL-6-blockade-refractory idiopathic multicentric Castleman disease.

J Clin Invest. 130:4451-4463

Fajgenbaum DC, Langan RA, Japp AS, Partridge HL, Pierson SK, Singh A, Arenas DJ, Ruth JR, Nabel CS, Stone K, Okumura M, Schwarer A, Jose FF, Hamerschlak N, Wertheim GB, Jordan MB, Cohen AD, Krymskaya V, Rubenstein A, Betts MR, Kambayashi T, van Rhee F, Uldrick TS

ここに注目!

Castleman病は稀な疾患であり、HHV8の関与が陰性の特発性Castleman病に対しては、わが国ではtocilizumab、米国ではsiltuximabといったヒト化抗IL-6受容体モノクローナル抗体が用いられている。しかしながら、これら薬剤の効果がなくなった症例の予後は悪く、著者らはIL-6シグナルの阻害によっても効果を認めない3例のTAFRO-typeの難治性Castleman病について、丁寧に病態解析を行なった。その結果、これらの症例ではCD8+T細胞が活性化されており、PI3k/Akt/mTORシグナルが活性化されていた。そこで、著者らはこれら3例にmTOR阻害剤であるラパマイシン(Sirolimus)を投与したところ劇的な効果を示したとしている。古い薬剤であるラパマイシンの応用範囲を広げたという意味でも意義が大きく、この薬剤が、わが国から提唱されたTAFRO症候群の新たな治療薬になる可能性もある。本論文は着眼点が良ければ、たった3例の症例を用いての解析でも、JCIのような一流誌に掲載される臨床研究が可能であることをわれわれに教えてくれている。

Clinical, histopathological and molecular characterization of hypoplastic myelodysplastic syndrome.

Leukemia. 33(10):2495-2505

Bono E, McLornan D, Travaglino E, Gandhi S, Gallì A, Khan AA, Kulasekararaj AG, Boveri E, Raj K, Elena C, Ireland RM, Bianchessi A, Jiang J, Todisco G, Ferretti VV, Cazzola M, Marsh JCW, Malcovati L, Mufti GJ

ここに注目!

低形成MDS(h-MDS)の定義ははっきりせず、再生不良性貧血などの他の骨髄不全症との鑑別も難しく、治療法の選択や予後予測などに関して臨床的に大きな問題となっている。本研究は、イタリアと英国のMDS研究の第一人者達により彼らの有する多数のMDS症例を用いて、h-MDSを臨床的、病理学的、そして分子生物学的に解析することでスコア化し、定義づけすることを目的に行なわれた。著者らは芽球数や巨核球などの形態異常などの項目をスコア化したh-score、さらに、これに体細胞遺伝子変異の所見を加えたhg-scoreを用いることにより、h-MDSを他の骨髄不全症や正ないし過形成髄のMDSときれいに区別できることを示した。臨床の現場では、全ての症例に遺伝子変異解析を行なうことは現実的ではないが、臨床的に診断が難しいh-MDSを正確に診断するためには、血球形態異常や組織像をしっかりと検討することが重要であるという基本を再確認させる内容の論文である。