血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年12月の注目論文(Vol. 2)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年12月分(Vol. 2)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Prognostic impact of somatic mutations in diffuse large B-cell lymphoma and relationship to cell-of-origin: data from the phase III GOYA study.

Haematologica. 2019 Nov 14. pii: haematol.2019.227892. doi: 10.3324/haematol.2019.227892.

Bolen CR, Klanova M, Trneny M, Sehn LH, He J, Tong J, Paulson JN, Kim E, Vitolo U, Di Rocco A, Fingerle-Rowson G, Nielsen T, Lenz G, Oestergaard MZ

ここに注目!

未治療びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象としてR-CHOP療法とオビヌツズマブ併用CHOP療法を比較した第Ⅲ相試験の患者の診断時の病理検体で、ハイブリッドキャプチャー法により包括的な遺伝子解析(FoundationOne Hemeを用いる)を行なった結果が報告されている。一塩基変異(single nucleotide variants:SNV)、コピー数異常(copy number abnormalities: CNA)、染色体転座などの頻度と、予後に対する影響が示されている。DLBCLにおいて、包括的な遺伝子解析にもとづいて2つの分子的サブタイピングの方法が最近提唱されたが、このデータセットでそれも検証している。この第Ⅲ相試験自体はネガティブな結果であったが、今後の治療開発の基礎となる重要なデータをもたらしている。