血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus On

2022年5月の注目論文(Vol. 2)

宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2022年5月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。

Ivosidenib and Azacitidine in IDH1-Mutated Acute Myeloid Leukemia

N Engl J Med. 2022 Apr 21;386(16):1519-1531.

Montesinos P, Recher C, Vives S, Zarzycka E, Wang J, Bertani G, Heuser M, Calado RT, Schuh AC, Yeh SP, Daigle SR, Hui J, Pandya SS, Gianolio DA, de Botton S, Döhner H.

ここに注目!

正常のIDH1蛋白質はイソクエン酸からα-ケトグルタル酸を産生するが、IDH1変異は急性骨髄性白血病(AML)の6-10%で認められ、変異蛋白質はジヒドロキシグルタル酸を産生して、白血病の成立に深く関与すると考えられている。この試験では、IDH1変異陽性AMLで強力化学療法の適応がない症例を、アザシチジン(AZA)と変異IDH1阻害薬(ivosidenib:IVO)の併用療法群と、AZA+プラセボ群(コントロール群)に無作為に割り付け、IVOの効果を検証した。主要評価項目は無イベント生存で、観察期間中央値12.4カ月で、ハザード比は0.33(95%信頼区間0.16-0.69、P=0.002)とAZA+IVO群が有意に優れていた。副次評価項目の全生存においても中央値でAZA+IVO群24カ月、コントロール群7.9カ月、ハザード比は0.44(95%信頼区間0.27-0.73、P=0.001)と有意差が見られた。有害事象は血球減少と感染症が主なもので両群間に特に差は見られなかった。AZA+IVOの有用性は明らかとなったが、IDH1変異陽性AMLに対してはAZA+ベネトクラクス併用療法も高い効果が示されており、両治療法をどのように用いるか重要な課題となる。

Rilzabrutinib, an Oral BTK Inhibitor, in Immune Thrombocytopenia

N Engl J Med. 2022 Apr 14;386(15):1421-1431.

Kuter DJ, Efraim M, Mayer J, Trněný M, McDonald V, Bird R, Regenbogen T, Garg M, Kaplan Z, Tzvetkov N, Choi PY, Jansen AJG, Kostal M, Baker R, Gumulec J, Lee EJ, Cunningham I, Goncalves I, Warner M, Boccia R, Gernsheimer T, Ghanima W, Bandman O, Burns R, Neale A, Thomas D, Arora P, Zheng B, Cooper N.

ここに注目!

免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)は免疫抑制療法などによって多くが血小板数の増加を得られるが、長期間の維持は今でも容易ではない。Rilzabrutinib(RIL)は経口のBruton’s tyrosine kinase(BTK)阻害薬で、ITPにおいてはマクロファージ(Fcγ受容体)を介した血小板の貪食の抑制、およびB細胞リンパ腫においては抗血小板抗体産生の抑制が期待される。本試験は前治療で十分な反応維持ができなかったITP患者を対象にRILの安全性と血小板反応性を調べる第Ⅰ/Ⅱ相試験である。試験開始時の前治療期間中央値6.3年、血小板数中央値1.5万/μL、前治療数中央値4の60名が参加した。RILは400mgの1日2回投与まで問題なく増量できた。有害事象はすべてGrade1/2であり、治療期間中央値167.5日において24名(40%)で血小板数5万/μL以上(かつ2万以上の上昇を伴う)が達成された。難治群での成績であり、実施中の第Ⅲ相試験結果が期待される。