血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2021年4月の注目論文(Vol. 1)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2021年4月分(Vol. 1)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Pirtobrutinib in relapsed or refractory B-cell malignancies (BRUIN): a phase 1/2 study

Lancet. 397(10277):892-901

Anthony R Mato, Nirav N Shah, Wojciech Jurczak, Chan Y Cheah, John M Pagel, Jennifer A Woyach, Bita Fakhri, Toby A Eyre, Nicole Lamanna, Manish R Patel, Alvaro Alencar, Ewa Lech-Maranda, William G Wierda, Catherine C Coombs, James N Gerson, Paolo Ghia, Steven Le Gouill, David John Lewis, Suchitra Sundaram, Jonathon B Cohen, Ian W Flinn, Constantine S Tam, Minal A Barve, Bryone Kuss, Justin Taylor, Omar Abdel-Wahab, Stephen J Schuster, M Lia Palomba, Katharine L Lewis, Lindsey E Roeker, Matthew S Davids, Xuan Ni Tan, Timothy S Fenske, Johan Wallin, Donald E Tsai, Nora C Ku, Edward Zhu, Jessica Chen, Ming Yin, Binoj Nair, Kevin Ebata, Narasimha Marella, Jennifer R Brown, Michael Wang

ここに注目!

BTK阻害薬は、慢性リンパ性白血病、マントル細胞リンパ腫、原発性マクログロブリン血症の治療を大きく変えてきた。first-in-classのBTK阻害薬であるイブルチニブや、その他の国内外で承認されたBTK阻害薬はいずれもBTKと共有結合して作用するものであった。Pirtobrutinibは、極めて選択性の高い非共有結合型のBTK阻害薬として開発された。この試験では、BTKのC481変異のある患者を含め、既存のBTK阻害薬に治療抵抗性や不耐容の患者に対する効果が確認された。Pirtobrutinibはこれらの患者に対する新たな治療選択肢となることが期待される。一方、まだ長期の効果と安全性は不明で、既存のBTK阻害薬がPirtobrutinibに置き換わっていくかは、今後の第Ⅲ相試験の結果によるだろう。