血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年7月の注目論文(Vol. 2)

宮﨑泰司(長崎大学 原爆後障害医療研究所 所長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年7月分(Vol. 2)は、宮﨑泰司氏が担当します。

Venetoclax Combines Synergistically With FLT3 Inhibition to Effectively Target Leukemic Cells in FLT3-ITD+ Acute Myeloid Leukemia Models

Haematologica. 2020 May 15:haematol.2019.244020. doi: 10.3324/haematol.2019.244020.

Mali RS, Zhang Q, DeFilippis R, Cavazos A, Kuruvilla VM, Raman J, Mody V, Choo EF, Dail M, Shah NP, Konopleva M, Sampath D, Lasater EA

ここに注目!

急性骨髄性白血病(AML)に対する分子標的療法は、FLT3阻害薬が使用できるようになって現実のものとなったが、BCL2阻害薬であるvenetoclax(VEN)も期待される分子標的薬である。VEN単剤投与はFLT3変異陽性AMLに対しては十分な効果を発揮できていない。そこで本研究では、患者由来異種移植(PDX)モデルを用いてFLT3変異陽性AMLに対するFLT3阻害薬とVEN併用の効果を検討している。その結果、quizartinibとVEN併用はそれぞれの単剤投与と比較してよりすぐれた効果が得られており、また、quizartinibとVENの併用効果はFLT3阻害薬による発現抑制を介したBCL-XLやMCL-1の間接的な抑制と相まって発揮されていることが示唆されている。今後、臨床での検証が待たれる治療法である。