血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年7月の注目論文(Vol. 1)

張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年7月分(Vol. 1)は、張替秀郎氏が担当します。

Long-term ex vivo haematopoietic-stem-cell expansion allows nonconditioned transplantation.

Nature. 2019 May 29. [Epub ahead of print]

Wilkinson AC, Ishida R, Kikuchi M, Sudo K, Morita M, Crisostomo RV, Yamamoto R, Loh KM, Nakamura Y, Watanabe M, Nakauchi H, Yamazaki S

ここに注目!

これまで、安定した造血幹細胞の増幅は体外環境下では得られていなかったが、本研究では、体外環境で長期間マウスの機能的造血幹細胞を増幅できる培養システムの開発に成功した。まず、高濃度thrombopoietin、低濃度stem cell factor、fibronectinコートの培養プレート使用という環境下で、造血幹細胞の自己複製能が維持されることを見出した。さらに、アルブミンの代わりにポリビニルアルコールを使用することで、より効率的な造血幹細胞の増幅に成功した。このシステムにおける1カ月以上の培養で、機能的造血幹細胞を236~899倍に増幅することが出来た。また、放射線照射などの前処置を行なわずに、このシステムで増幅した造血幹細胞50個をマウスに移植したところ、確実な生着を確認できた。今回得られた知見は、より安全でしかも安価な造血幹細胞の大量培養法の実現につながるものであり、基礎の幹細胞生物学においても臨床血液学においても重要な意味をもつと考えられる。