血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年5月の注目論文(Vol. 1)

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年5月分(Vol. 1)は、木崎昌弘氏が担当します。

Pevonedistat, a first-in-class NEDD8-activating enzyme inhibitor, combined with azacitidine in patients with AML.

Blood. 131(13):1415-1424

Swords RT, Coutre S, Maris MB, Zeidner JF, Foran JM, Cruz J, Erba HP, Berdeja JG, Tam W, Vardhanabhuti S, Pawlikowska-Dobler I, Faessel HM, Dash AB, Sedarati F, Dezube BJ, Faller DV, Savona MR

ここに注目!

AMLに対するアザシチジンの新たなパートナーとしてのNEDD化阻害薬Pevonedistat

最近、AMLに対する分子標的治療薬の開発が目覚ましい。ユビキチン様タンパクNEDD8は、Culin-RING E3ユビキチンリガーゼ活性の制御(NEDD化)により細胞増殖に重要な役割を果たす。Pevonedistatは、NEDD化を阻害することでAML細胞の増殖を抑制することが知られている。今回、Pevonedistatの臨床第I相試験を経て、高齢者初発AML64例に対してPevonedistatにアザシチジンを併用した第Ⅱ相試験が行われた。全奏効率は50%で、20例が完全寛解に到達し、寛解持続期間中央値は8.3カ月であった。本剤のsurvival benefitについては今後の検討が待たれるが、Pevonedistatは通常の寛解導入療法ができないような高齢者AMLに対して、アザシチジンとの併用薬として期待が持てる新たな薬剤である。なお、本剤によるAMLに対する治験は、我が国においても始まっている。