血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年8月の注目論文(Vol. 2)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年8月分(Vol. 2)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Positron Emission Tomography-Directed Therapy for Patients With Limited-Stage Diffuse Large B-Cell Lymphoma: Results of Intergroup National Clinical Trials Network Study S1001

J Clin Oncol. 2020 Jul 13:JCO2000999. doi: 10.1200/JCO.20.00999.

Persky DO, Li H, Stephens DM, Park SI, Bartlett NL, Swinnen LJ, Barr PM, Winegarden JD 3rd, Constine LS, Fitzgerald TJ, Leonard JP, Kahl BS, LeBlanc ML, Song JY, Fisher RI, Rimsza LM, Smith SM, Miller TP, Friedberg JW

ここに注目!

限局期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、進行期例と比較して予後良好であり、従来用いられているR-CHOP 6コースや、R-CHOP 3コース+局所放射線療法のいずれかよりも、強度を減弱した治療が模索されている。この研究は、年齢を問わない、巨大病変のない(<10cm)、ステージI、IIのDLBCL患者を対象として、R-CHOP 3コース後の中間PETで陰性の場合はR-CHOP 1コースを追加して治療終了し、陽性の場合は、局所放射線療法とRI標識抗体療法の追加を行なうという単群の第II相試験で、米国のSWOGを中心とするintergroup studyとして行なわれた。適格例132人のうち、中間PETは128人で行なわれ、86%が陰性だった。陰性例での5年無増悪生存割合は89%であった。対照群がない試験ではあるが、若年例・IPI 0点の患者が対象のドイツのFLYER試験の結果などと併せて、限局期DLBCLの大部分の患者にとって、R-CHOP 4コースで十分であることが示唆される。

Tafasitamab Plus Lenalidomide in Relapsed or Refractory Diffuse Large B-cell Lymphoma (L-MIND): A Multicentre, Prospective, Single-Arm, Phase 2 Study

Lancet Oncol. 21(7):978-988

Salles G, Duell J, González Barca E, Tournilhac O, Jurczak W, Liberati AM, Nagy Z, Obr A, Gaidano G, André M, Kalakonda N, Dreyling M, Weirather J, Dirnberger-Hertweck M, Ambarkhane S, Fingerle-Rowson G, Maddocks K

ここに注目!

汎B細胞抗原であるCD19を標的とした治療として、CAR-T細胞療法や二重特異性抗体などさまざまなものが臨床応用されている。TafasitamabはFc部分を修飾することにより抗体依存性細胞傷害活性を高めたCD19標的のnaked antibodyである。L-MIND試験は、再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象としたTafasitamabとlenalidomideの併用療法の単群第II相試験である。前治療歴中央値は2、44%の患者が直近の治療に対して抵抗性という濃厚な治療歴のある患者に対して、奏効割合60%、完全奏効割合43%と高い腫瘍縮小効果が認められた。1年無増悪生存割合は約50%と持続する奏効がみられた。血球減少症が目立った有害事象であった。12サイクルの間、両者を併用し、その後Tafasitamabのみを疾患進行まで継続する、いわば無期限の治療ではあるが、CAR-T細胞療法と違って、すぐに治療が始められるという利点がある。対照群のない試験であり、他の治療法との比較が難しいが、期待できる治療成績が示されている。

Burkitt Lymphoma in the Modern Era: Real World Outcomes and Prognostication Across 30 US Cancer Centers

Blood. 2020 Jul 14:blood.2020006926. doi: 10.1182/blood.2020006926.

Evens AM, Danilov AV, Jagadeesh D, Sperling AL, Kim SH, Vaca RA, Wei C, Rector D, Sundaram S, Reddy N, Lin Y, Farooq U, D'Angelo C, Bond D, Berg S, Churnetski MC, Godara A, Khan N, Choi YK, Sarraf Yazdy M, Rabinovich E, Varma G, Karmali R, Mian A, Savani M, Burkart M, Martin P, Ren A, Chauhan A, Diefenbach CS, Straker-Edwards A, Klein A, Blum K, Boughan K, Smith SE, Haverkos BM, Orellana-Noia VM, Kenkre V, Zayac AS, Ramdial J, Maliske S, Epperla N, Venugopal P, Feldman T, Smith SD, Stadnik A, David KA, Naik S, Lossos IS, Lunning M, Caimi PF, Kamdar M, Palmisiano N, Bachanova V, Portell CA, Phillips T, Olszewski AJ, Alderuccio JP

ここに注目!

米国の30施設で2009〜2018年に診断されたバーキットリンパ腫(BL)患者641人の後方視研究である。BLについてはいくつかの前向き臨床試験の結果が報告され、予後良好な病型とされている。本研究では、臨床試験の対象とならないような高リスクの患者を含めてBLの予後を見ており、3年無増悪生存割合64%、治療関連死亡割合10%で、予想されたように、前向き試験で報告されている治療成績よりも若干悪かった。年齢(40歳以上)、身体活動度、LDH正常上限値3倍超、中枢神経浸潤からなる予後予測モデルが報告されている。なお、R-CODOX-M/IVAC、R-HyperCVAD、DA-EPOCH-Rのそれぞれの治療を受けた患者の予後も示されているが、患者背景が異なるため、単純に治療成績を比較することはできない。欧州では、未治療BLを対象としてR-CODOX-M/IVACとDA-EPOCH-Rを比較するランダム化第III相試験が実施中である。