血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年4月の注目論文(Vol. 2)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年4月分(Vol. 2)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Rituximab, cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisolone combined with high-dose methotrexate plus intrathecal chemotherapy for newly diagnosed intravascular large B-cell lymphoma (PRIMEUR-IVL): a multicentre, single-arm, phase 2 trial.

Lancet Oncol. 2020 Mar 11. pii: S1470-2045(20)30059-0. doi: 10.1016/S1470-2045(20)30059-0.

Shimada K, Yamaguchi M, Atsuta Y, Matsue K, Sato K, Kusumoto S, Nagai H, Takizawa J, Fukuhara N, Nagafuji K, Miyazaki K, Ohtsuka E, Okamoto M, Sugita Y, Uchida T, Kayukawa S, Wake A, Ennishi D, Kondo Y, Izumi T, Kin Y, Tsukasaki K, Hashimoto D, Yuge M, Yanagisawa A, Kuwatsuka Y, Shimada S, Masaki Y, Niitsu N, Kiyoi H, Suzuki R, Tokunaga T, Nakamura S, Kinoshita T

ここに注目!

日本で行なわれた血管内大細胞型B細胞リンパ腫(intravascular large B-cell lymphoma; IVLBCL)に対する前向き第Ⅱ相試験の結果報告である。IVLBCLは、専門外の医師にも臨床像が知られるようになったことやランダム皮膚生検の普及によって、以前よりも早期に診断されるようになったのではないかと思われる。しかし、最適治療は定まっていない。この試験では、R-CHOP療法をまず3コース、中枢神経再発予防としてリツキシマブ併用メトトレキサート大量療法を2コース、さらにR-CHOP療法を3コース行なう治療で、3年無増悪生存割合が主要エンドポイントであった。単アームの試験で他の治療との比較はできないが、無増悪生存期間は良好な結果で、中枢神経再発もわずかに抑えられているようなので、しばらくこの治療が事実上の標準治療として位置づけられるだろう。

KTE-X19 CAR T-Cell Therapy in Relapsed or Refractory Mantle-Cell Lymphoma.

N Engl J Med. 2;382(14):1331-1342

Wang M, Munoz J, Goy A, Locke FL, Jacobson CA, Hill BT, Timmerman JM, Holmes H, Jaglowski S, Flinn IW, McSweeney PA, Miklos DB, Pagel JM, Kersten MJ, Milpied N, Fung H, Topp MS, Houot R, Beitinjaneh A, Peng W, Zheng L, Rossi JM, Jain RK, Rao AV, Reagan PM

ここに注目!

再発・難治性マントル細胞リンパ腫(MCL)に対するCD19標的キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の米国でのピボタル試験の結果報告である。これまでCAR-T細胞療法の開発は、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を中心に進められていたが、DLBCL以外の病型でCAR-T細胞療法の有用性を示す結果がはじめて示された。試験の対象患者の大部分はBTK阻害薬抵抗性となった患者であり、最良奏効で67%が完全奏効となった。経過観察期間が短いので、治癒を目指せる治療として位置づけられるのかが分からないが、今後、再発・難治性MCLに対する治療選択肢に加わる可能性があるだろう。

Rituximab/bendamustine and rituximab/cytarabine induction therapy for transplant-eligible mantle cell lymphoma.

Blood Adv. 4(5):858-867

Merryman RW, Edwin N, Redd R3, Bsat J, Chase M4, LaCasce A, Freedman A, Jacobson C, Fisher D, Ng S, Crombie J, Kim A, Odejide O, Davids MS, Brown JR, Jacene H, Cashen A, Bartlett NL, Mehta-Shah N, Ghobadi A, Kahl B, Joyce R6, Armand P, Jacobsen E

ここに注目!

若年者の未治療マントル細胞リンパ腫(MCL)に対する治療では、寛解導入療法としてシタラビン大量療法を含む治療を行なうことと、自家移植併用大量化学療法を行なうことが予後改善につながる鍵と考えられている。しかし、最適な寛解導入療法は定まっていない。R-DHAP療法のような白金製剤を含む治療は、効果は高いが、腎障害が高率に発生することが問題で、より良い寛解導入療法の開発が求められている。この研究では、高齢者の未治療MCLに対する治療で広く用いられているベンダムスチン・リツキシマブ療法(RB)と、リツキシマブ・シタラビン大量療法(RC)を寛解導入療法に用いた2つの第Ⅱ相試験と、臨床試験外で同様の治療が行なわれた患者コホートの統合解析である。RBとRCが逐次であったり交互であったりで、単一の治療プロトコールを評価した研究とは言えないが、効果・安全性の両面で優れた結果であったと結論している。フォローアップが3年未満と短いので、長期成績を興味をもってみてみたい。