血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年8月の注目論文(Vol. 2)

木崎昌弘(埼玉医科大学総合医療センター 血液内科 教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年8月分(Vol. 2)は、木崎昌弘氏が担当します。

R-CHOP preceded by blood-brain barrier permeabilization with engineered tumor necrosis factor-α in primary CNS lymphoma.

Blood. 134(3):252-262

Ferreri AJM, Calimeri T, Conte GM, Cattaneo D, Fallanca F, Ponzoni M, Scarano E, Curnis F, Nonis A, Lopedote P, Citterio G, Politi LS, Foppoli M, Girlanda S, Sassone M, Perrone S, Cecchetti C, Ciceri F, Bordignon C, Corti A, Anzalone N

ここに注目!

中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)は、血液脳関門(BBB)が存在するために一般の薬剤の効果が乏しく、大量メトトレキサートを基盤とする化学療法や全脳照射が行なわれる。しかしながら、PCNSLの治療成績は他の節外性リンパ腫よりも悪く、生物学的にも特異性を示すために副作用の少ないより効果的な治療法が求められている。今回、Ferreriらのイタリアのグループは、動物実験によりTNFが血管透過性を高めることを明らかにし、血管内皮に発現するCD13を認識するペプチドを付加したNGR-hTNFとR-CHOP療法を併用することで、再発・難治PCNSLに優れた効果を示すことを報告した。R-CHOP療法に先立ちNGR-hTNFを投与することで血管透過性が更新し、R-CHOP療法の効果が高められたと考えられ、12例中9例(CR:8例、PR:1例)に効果を認めた。治療効果の持続期間は全例6カ月以上であったが、12カ月までに病勢の進行が認められた。PCNSLには副作用の少ないより効果的な治療法の開発が求められており、preliminaryな結果であるが注目される論文である。

Gait speed, grip strength, and clinical outcomes in older patients with hematologic malignancies.

Blood. 134(4):374-382

Michael A. Liu, Clark DuMontier, Anays Murillo, Tammy T. Hshieh, Jonathan F. Bean, Robert J. Soiffer, Richard M. Stone, Gregory A. Abel and Jane A. Driver

ここに注目!

高齢者造血器腫瘍の治療を考える際に個々のfrailtyを考えることは重要である。最近、高齢がん患者のPS評価にASCOのガイドラインでは歩行速度を取り入れた。このような背景を受け、本論文は75歳以上の高齢者造血器腫瘍448名の歩行速度(4m歩行する時間の測定)と握力を計測し、前向きに生存期間や入院必要度などとの相関について検討した。その結果、歩行速度は独立した生存期間および緊急入院に関する予測因子であった。歩行速度が0.1m/秒低下するごとに、死亡率や予測しない緊急入院と相関した。握力に関しては、5kg低下するごとに生存期間に影響した。以上の結果より、歩行速度は簡単に高齢者にも負荷なく計測できるバイタルサインであり、高齢者造血器腫瘍患者の独立した予後予測因子と結論された。Frailtyの評価に重要な知見であり、Blood誌に掲載される臨床研究として、臨床医の視点の置き方の示唆を与えてくれる論文である。

Daratumumab plus carfilzomib and dexamethasone in patients with relapsed or refractory multiple myeloma.

Blood. 134(5):421-431

Chari A, Martinez-Lopez J, Mateos MV, Bladé J, Benboubker L, Oriol A, Arnulf B, Rodriguez-Otero P, Pineiro L, Jakubowiak A, de Boer C, Wang J, Clemens PL, Ukropec J, Schecter J, Lonial S, Moreau P

ここに注目!

多発性骨髄腫は多くの新規治療薬が使用できるようになり治療成績の向上が著しいが、一方で治療を繰り返すことによるボルテゾミブやレナリドミド抵抗性の症例をいかに治療するかが課題である。本論文は、これら2剤に抵抗性を示す症例を含む再発・難治性多発性骨髄腫に対するDaratumumab、Calfilzomib、およびDexamethasoneによるD-Kd療法の第Ⅰ相試験の結果である。非常に強力な併用療法であり、主要評価項目は安全性と忍容性である。エントリーされた85例の中には、60%のレナリドミド耐性症例が含まれていたが、全奏効率は84%(CR33%、VGPR71%)であり、レナリドミド抵抗例でも79%が奏効した。12カ月のPFSも74%と非常に良好であった。Gr3/4の有害事象は血小板減少、白血球減少、貧血などの血球減少であり、特に重篤な有害事象としては5%に肺炎を認めた。Daratumumabは初回投与量を2回に分けた方が安全であることも示された。強力な治療であるが忍容性があるレジメンと考えられ、初期治療に抵抗を示す症例の治療選択として有用であろうかと思われる。