血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

学会レポートCongress Report

JSHCT2021レポート(2) GVHD 治療の現状と将来第43回日本造血細胞移植学会総会(会長:東京女子医科大学血液内科学講座教授・田中淳司氏)が、2021年3月5日からオンライン開催された。ライブ配信は3月5〜7日まで、その後、オンデマンド配信期間は3月12〜31日である。Zoomを活用したオンライン開催で、ライブ配信されたセッションではリアルタイムで参加者から質問やコメントが寄せられ、その後のオンデマンド配信ではチャットによる質問を受け付け、演者との活発な議論が交わされた。

GVHDの最新の予防と治療の取り組みを報告
腸内細菌叢の異常と腸管GVHDの関連解明へ

シンポジウム2「GVHD治療の現状と将来」では、造血幹細胞移植の最大の合併症である移植片対宿主病(GVHD)をテーマとし、最新の予防・治療の試み、分子・遺伝子レベルでの病態解明、それに基づく今後の予防・治療の展望について、3人の演者がそれぞれの知見を述べた。