血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

学会レポートCongress Report

EHA2021 Virtualレポート② Late-breaking Session #LB1901第26回欧州血液学会(EHA2021)は、2020年6月9~17日まで、昨年と同様にバーチャルミーティング形式での開催となった。新型コロナウイルスの感染が収束しないことに対応したもので、オープニングセレモニーで会長のJohn Gribben氏(英国・Queen Mary大学)は「対面でのコミュニケーションはできないが、EHAは血液学領域の医師や研究者が情報交換する場を提供するという役割は変わらない」と述べた。
EHA2021では、会長シンポジウムやプレナリーセッション、Late-Breaking Session、EHAと各国の血液学会とのジョイントシンポジウムなどの主要セッションがライブ配信され、ほとんどのオーラルセッションとe-ポスターセッションなどがオンデマンド配信された。

移植非適応の初発MMへのD-Rd療法は
治療開始5年後もRd療法よりOSを延長 Overall Survival Results with Daratumumab, Lenalidomide, and Dexamethasone versus Lenalidomide and Dexamethasone in Transplant - Ineligible Newly Diagnosed Multiple Myeloma: Phase 3 MAIA Study

Thierry Facon(University of Lille, CHU Lille, France)

移植非適応の高齢の初発多発性骨髄腫(NDMM)患者に対する、レナリドミドとデキサメタゾンの併用療法(Rd療法)と、Rd療法に抗CD38抗体のダラツムマブを加えたD-Rd療法の比較を行なう第Ⅲ相臨床試験MAIAの、5年フォローアップの成績が報告され、D-Rd療法はRd療法と比べて全生存期間(OS)を有意に延長することが明らかとなった(#LB1901)。