血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

学会レポートCongress Report

EHA2021 Virtualレポート① Late-breaking Session #LB1900第26回欧州血液学会(EHA2021)は、2020年6月9~17日まで、昨年と同様にバーチャルミーティング形式での開催となった。新型コロナウイルスの感染が収束しないことに対応したもので、オープニングセレモニーで会長のJohn Gribben氏(英国・Queen Mary大学)は「対面でのコミュニケーションはできないが、EHAは血液学領域の医師や研究者が情報交換する場を提供するという役割は変わらない」と述べた。
EHA2021では、会長シンポジウムやプレナリーセッション、Late-Breaking Session、EHAと各国の血液学会とのジョイントシンポジウムなどの主要セッションがライブ配信され、ほとんどのオーラルセッションとe-ポスターセッションなどがオンデマンド配信された。

再発・難治性CLL/SLLへのzanubrutinibの投与
イブルチニブより高い奏効と安全性を示す First Interim Analysis of ALPINE Study: Results of a Phase3 Randomized Study of Zanubrutinib vs Ibrutinib in Patients with Relapsed/Refractory Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphoma

Peter Hillmen(St James’s University Hospital, Leeds, UK)

再発・難治性の慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫(CLL/SLL)に対して、ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬のzanubrutinibは、第一世代BTK阻害薬であるイブルチニブに比べ、効果と安全性に優れることが、第Ⅲ相臨床試験ALPINEの中間解析で示された(#LB1900)。