血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus On

2022年3月の注目論文(Vol. 1)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2022年3月分(Vol. 1)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Axicabtagene Ciloleucel as Second-Line Therapy for Large B-Cell Lymphoma

N Engl J Med. 2021 Dec 11. doi: 10.1056/NEJMoa2116133. Online ahead of print.

Locke FL, Miklos DB, Jacobson CA, Perales MA, Kersten MJ, Oluwole OO, Ghobadi A, Rapoport AP, McGuirk J, Pagel JM, Muñoz J, Farooq U, van Meerten T, Reagan PM, Sureda A, Flinn IW, Vandenberghe P, Song KW, Dickinson M, Minnema MC, Riedell PA, Leslie LA, Chaganti S, Yang Y, Filosto S, Shah J, Schupp M, To C, Cheng P, Gordon LI, Westin JR; All ZUMA-7 Investigators and Contributing Kite Members.


Second-Line Tisagenlecleucel or Standard Care in Aggressive B-Cell Lymphoma

N Engl J Med. 2021 Dec 14. doi: 10.1056/NEJMoa2116596. Online ahead of print.

Bishop MR, Dickinson M, Purtill D, Barba P, Santoro A, Hamad N, Kato K, Sureda A, Greil R, Thieblemont C, Morschhauser F, Janz M, Flinn I, Rabitsch W, Kwong YL, Kersten MJ, Minnema MC, Holte H, Chan EHL, Martinez-Lopez J, Müller AMS, Maziarz RT, McGuirk JP, Bachy E, Le Gouill S, Dreyling M, Harigae H, Bond D, Andreadis C, McSweeney P, Kharfan-Dabaja M, Newsome S, Degtyarev E, Awasthi R, Del Corral C, Andreola G, Masood A, Schuster SJ, Jäger U, Borchmann P, Westin JR.

ここに注目!

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)のセカンドラインの患者のうち、初回治療中の進行例と完全奏効後1年以内の再発例を対象として、CD19標的CAR-T細胞療法と従来の標準治療(多剤併用サルベージ化学療法後に自家造血幹細胞移植併用大量化学療法を行なう)とを比較する第Ⅲ相試験が3つ行なわれ、共に2021年の米国血液学会で結果が報告された。そのうち2試験の結果が今回論文として報告された。
Axi-celと未だ論文発表されていないliso-celの試験ではCAR-T群の無イベント生存割合(EFS)が優れていたが、tisagenlecleucel(Tisa-cel)の試験では両群のEFSに差がみられなかった。3試験で異なる結果となったのは何故か?それぞれのCAR-T細胞療法の性質(製造に要する期間を含む)の違いが理由の一つかもしれないが、試験デザインや、患者背景の違いも大いに影響している可能性がある。
高リスクのセカンドラインDLBCL患者の予後を改善する治療法が示され、今後、DLBCLの標準治療が変わる可能性があるが、実地診療でこの結果を活かすためには、CAR-T細胞療法へのアクセスを改善することが必要だろう。