血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年7月の注目論文(Vol. 1)

張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)

会員限定コンテンツになりました。すべてお読みいただくには会員登録をお願いします。

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年7月分(Vol. 1)は、張替秀郎氏が担当します。

Tisagenlecleucel in Children and Young Adults with B-Cell Lymphoblastic Leukemia.

N Engl J Med. 378(5):439-448

Maude SL, Laetsch TW, Buechner J, Rives S, Boyer M, Bittencourt H, Bader P, Verneris MR, Stefanski HE, Myers GD, Qayed M, De Moerloose B, Hiramatsu H, Schlis K, Davis KL, Martin PL, Nemecek ER, Yanik GA, Peters C, Baruchel A, Boissel N, Mechinaud F, Balduzzi A, Krueger J, June CH, Levine BL, Wood P, Taran T, Leung M, Mueller KT, Zhang Y, Sen K, Lebwohl D, Pulsipher MA, Grupp SA

ここに注目!

若年B-ALLに対するTisagenlecleucel(抗CD19 CAR-T)治療

CD19陽性再発・難治B-ALLに対する抗CD19 chimeric antigen receptor T-cell (CAR-T)治療の有効性を検証した第Ⅱ相臨床試験である。投与を受けた症例は75例で、平均の骨髄芽球比率は74%、46例(61%)が同種移植を受けている。3カ月時点での全寛解率は81%で、これらの症例ではフローサイトメトリ―でのMRDが陰性となった。6カ月時点でのEFS、OSはそれぞれ73%、90%であり、12カ月時点でのEFS、OSはそれぞれ50%、76%であった。サイトカインリリースシンドロームは77%に認められ、48%が抗IL-6受容体抗体の投与を受けたが、脳浮腫の報告はなかった。これらの結果から、一過性の重篤な有害事象は高率に認められるものの、CD19陽性再発・難治B-ALLに対する抗CD19 CAR-T治療は有効であることが示された。