血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

最新の血液疾患解説Comments on Hematology

特集慢性骨髄性白血病(CML)/骨髄増殖性腫瘍(MPN)診療の進歩と最近の話題(5)慢性骨髄性白血病(CML)を含む骨髄増殖性腫瘍(MPN)の治療は、過去10年の間に大きく進歩した。CML治療のキードラッグであるチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)は、現在、5剤が承認され、より深い分子遺伝学的奏効が得られるようになるとともに、治療目標が長期間の無治療寛解(TFR)に変わりつつあり、TKI中止も望めるようになってきた。一方、MPNの分子病態は急速に解明が進み、約9割のMPNでJAK2、MPL、CALRのいずれかの遺伝子変異が関わっていることが明らかになった。病態解明の進展に伴い、真性多血症(PV)や本態性血小板血症(ET)については、治癒を目指したペグ化インターフェロンによる新たな治療体系が構築されつつある。本特集では、CML/MPNに関する、治療目標の設定、治療薬の選択、副作用管理などについての最新の情報が盛り込まれており、第一線で活躍される先生方による解説が、実臨床で有用な指針となることを期待している。(責任編集 木崎昌弘)

PV、ETの新しい治療ゴールを目指して
インターフェロンによる長期治療の可能性

桐戸敬太(山梨大学医学部 血液・腫瘍内科)

真性多血症(PV)、本態性血小板血症(ET)の治療のゴールは、現在、血栓・出血イベントの抑制、全身症状の改善とされている。しかし、PV、ETの生命予後は健常者と比べ劣っており、治癒をゴールとした新しい治療戦略が求められている。ここではPVとETの治療の現状を踏まえ、ペグ化インターフェロンによる治療の可能性について解説する。