血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

学会レポートCongress Report

第61回日本リンパ網内系学会総会レポート① シンポジウム1「再発・難治B細胞性リンパ腫に対する細胞・免疫療法」後編第61回日本リンパ網内系学会総会(会長:岡山大学・吉野正氏)と第24回日本血液病理研究会(会長:岡山大学・佐藤康晴氏)が、2021年6月24~26日に岡山コンベンションセンター(岡山市)で開催され、現地からのライブ配信、および7月6〜25日までのオンデマンド配信というハイブリッド形式で行なわれた。テーマは、岡山大学医学部のキャッチフレーズでもある「あなたのそばに先進医療」。学会では、リンパ腫に対する細胞・免疫療法やリンパ腫の分子病態に関する最新知見などを柱に、リンパ腫を巡る様々な最新の情報が発信された。「Hematopaseo」では、テーマと関連の深い2つのシンポジウムについて報告する。

B細胞リンパ腫における新たな免疫療法および
同種造血細胞移植の現状と課題

シンポジウム1「再発・難治B細胞性リンパ腫に対する細胞・免疫療法」では、悪性リンパ腫における免疫微小環境の分子病態、CAR-T細胞療法の位置づけ、免疫療法の現状と今後、同種移植の将来展望が論じられた。後編では、国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科の伊豆津宏二氏による「DLBCLに対する『免疫療法』の現状と今後の展開」と、国立がん研究センター中央病院造血幹細胞移植科の稲本賢弘氏による「悪性リンパ腫に対する同種造血細胞移植」の講演内容をレポートする。