血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2020年2月の注目論文(Vol. 2)

張替秀郎(東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2020年2月の注目論文(Vol. 2)は、張替秀郎氏が担当します。

Enhanced CAR-T cell activity against solid tumors by vaccine boosting through the chimeric receptor.

Science. 365(6449):162-168

Ma L, Dichwalkar T, Chang JYH, Cossette B, Garafola D, Zhang AQ, Fichter M, Wang C, Liang S, Silva M, Kumari S, Mehta NK, Abraham W, Thai N, Li N, Wittrup KD, Irvine DJ

ここに注目!

vaccine-boostingによる固形腫瘍に対するCAR-T療法の効果増強

キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法は、造血器腫瘍に対する有効性が示されているが、固形腫瘍に対する効果は現時点では限定的である。本研究では、固形腫瘍に対するCAR-T効果の増強が、キメラ抗原受容体(CAR)を介したvaccine-boostingにより得られることを報告している。具体的には、両親媒性CAR-T ligand (amph-ligand)を用いたboostingはCAR-Tの顕著な増殖と機能の多様性をもたらし、正常な免疫能を持つマウスにおける腫瘍モデルで良好な抗腫瘍効果を発揮したことを示している。さらに、amph-ligandと腫瘍抗原を認識するbispecific CARを導入することで、複数の腫瘍モデルにおいてboostingによる効果が得られることを明らかにした。

本研究で示されたアプローチは、抗原やHLA非依存性に安全にCAR-T効果を増幅できる方法と考えられ、固形腫瘍に対するCAR-T療法の応用が進む可能性がある。

Luspatercept in Patients with Lower-Risk Myelodysplastic Syndromes.

N Engl J Med. 382(2):140-151

Fenaux P, Platzbecker U, Mufti GJ, Garcia-Manero G, Buckstein R, Santini V, Díez-Campelo M, Finelli C, Cazzola M, Ilhan O, Sekeres MA, Falantes JF, Arrizabalaga B, Salvi F, Giai V, Vyas P, Bowen D, Selleslag D, DeZern AE, Jurcic JG, Germing U, Götze KS, Quesnel B, Beyne-Rauzy O, Cluzeau T, Voso MT, Mazure D, Vellenga E, Greenberg PL, Hellström-Lindberg E, Zeidan AM, Adès L, Verma A, Savona MR, Laadem A, Benzohra A, Zhang J, Rampersad A, Dunshee DR, Linde PG, Sherman ML, Komrokji RS, List AF

ここに注目!

低リスクMDSに対するLuspaterceptの有効性

LuspaterceptはTGFβスーパーファミリーに結合し、そのシグナルを阻害するリコンビナントタンパク製剤である。本研究は、環状鉄芽球を伴う低リスクMDSに対する本剤の有効性を検証する第Ⅲ相臨床試験である。定期的な赤血球輸血を受けている環状鉄芽球を伴う低リスクMDS 229例をLuspatercept群とプラセボ群にランダムに割り付け、8週時点での輸血非依存率を検証したところ、Luspatercept群38%、プラセボ群13%とLuspatercept群で有意に良好な結果であった。そして、この差は24週、48週においても維持された。倦怠感や下痢などの有害事象が認められたが、その頻度は経過とともに軽減した。これらの結果から、Luspaterceptは赤血球造血刺激因子製剤抵抗性の環状鉄芽球を伴う低リスクMDSに対し有効であることが示唆された。

Four versus six cycles of CHOP chemotherapy in combination with six applications of rituximab in patients with aggressive B-cell lymphoma with favourable prognosis (FLYER): a randomised, phase 3, non-inferiority trial.

Lancet. 394(10216):2271-2281

Poeschel V, Held G, Ziepert M, Witzens-Harig M, Holte H, Thurner L, Borchmann P, Viardot A, Soekler M, Keller U, Schmidt C, Truemper L, Mahlberg R, Marks R, Hoeffkes HG, Metzner B, Dierlamm J, Frickhofen N, Haenel M, Neubauer A, Kneba M, Merli F, Tucci A, de Nully Brown P, Federico M, Lengfelder E, di Rocco A, Trappe R, Rosenwald A, Berdel C, Maisenhoelder M, Shpilberg O, Amam J, Christofyllakis K, Hartmann F, Murawski N, Stilgenbauer S, Nickelsen M, Wulf G, Glass B, Schmitz N, Altmann B, Loeffler M, Pfreundschuh M; FLYER Trial Investigators; German Lymphoma Alliance

ここに注目!

予後良好なアグレッシブB細胞リンパ腫に対する4コースR-CHOP療法と6コースR-CHOP療法の比較試験

6コースR-CHOP療法は aggressive B細胞非ホジキンリンパ腫に対する標準治療である。本研究(FLYER試験)は予後良好なaggressive B細胞非ホジキンリンパ腫を対象とした6コースR-CHOP療法に対する4コースR-CHOP療法の非劣性を検証する臨床試験である。対象はステージⅠ-Ⅱ、LD基準値内、PS0-1、bulky massのない症例で、6コースR-CHOP療法群と4コースR-CHOP療法+2コースのrituximab群に割り当てられた。評価対象は588例で、3年のPFSは4コース群が96%で6コース群より3%高く、4コース群の非劣性が証明された。また有害事象は4コース群の方が少なかった。これらの結果から、この対象群では従来の標準療法である6コースR-CHOP療法の削減が許容されることが示唆されたが、長期予後については今後の観察が必要である。