血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年5月の注目論文(Vol. 2)

坂田麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年5月分(Vol. 2)は、坂田麻実子氏が担当します。

Tagraxofusp in Blastic Plasmacytoid Dendritic-Cell Neoplasm.

N Engl J Med. 380(17):1628-1637

Pemmaraju N, Lane AA, Sweet KL, Stein AS, Vasu S, Blum W, Rizzieri DA, Wang ES, Duvic M, Sloan JM, Spence S, Shemesh S, Brooks CL, Balser J, Bergstein I, Lancet JE, Kantarjian HM, Konopleva M

ここに注目!

芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)はCD123(IL-3受容体)の過剰発現を特徴とする。Tagraxofusp(商品名ELZONRIS)はIL-3と短縮型ジフテリア毒素を融合した蛋白質であり、CD123発現細胞に結合し、ジフテリア毒素によって標的細胞を殺す作用がある。BPDCN計47例(未治療 32例、再発難治15例)に対して、tagraxofuspを7μg/kgあるいは12μg/kg、day1-5、21日周期で投与し、原病が増悪するか重篤な副作用が発現するまで投与を継続した。未治療BPDCNのうち推奨用量の12μg/kgを投与された29例では、完全寛解割合72%、全奏効割合90%であり、45%で造血幹細胞移植が行なわれた。再発難治BPDCNでも全奏効割合は67%であった。副作用として肝障害、低アルブミン血症、末梢性浮腫、血小板減少、毛細血管漏出症候群の発現がみられた。本試験をもとに、BPDCNに対するtagraxofuspはFDAによって承認された。

PD-1 Blockade with Pembrolizumab for Classical Hodgkin Lymphoma after Autologous Stem Cell Transplantation.

Blood. pii: blood.2019000215. doi: 10.1182/blood.2019000215.

Armand P, Chen YB, Redd RA, Joyce RM, Bsat J, Jeter E, Merryman RW, Coleman KC, Dahi PB, Nieto Y, LaCasce AS, Fisher DC, Ng SY, Odejide OO, Freedman AS, Kim AI, Crombie JL, Jacobson CA, Jacobsen ED, Wong JL, Patel SS, Ritz J, Rodig SJ, Shipp MA, Herrera AF

ここに注目!

再発難治古典的ホジキンリンパ腫(R/R HL)に対する自家移植後の維持療法として免疫チェックポイント阻害薬を用いる多施設共同第Ⅱ相試験。化学療法に感受性のあるR/R HL 30例に対して、ヒト化IgG4抗PD-1抗体であるpembrolizumab(商品名KEYTRUDA)を200mg IV 3週ごとに8サイクルまで投与した。77%が8サイクル投与を完遂し、Grade3以上の有害事象(AE)は30%、Grade2以上の免疫関連AEは40%にみられた。18カ月時点での無増悪生存割合は82%であった。自家移植後の維持療法として抗PD-1抗体は有望な治療であり、ランダム化試験により有効性を確かめる必要がある。

Genetic drivers of oncogenic pathways in molecular subgroups of peripheral T-cell lymphoma.

Blood. 133(15):1664-1676

Heavican TB, Bouska A, Yu J, Lone W, Amador C, Gong Q, Zhang W, Li Y, Dave BJ, Nairismägi ML, Greiner TC, Vose J, Weisenburger DD, Lachel C, Wang C, Fu K, Stevens JM, Lim ST, Ong CK, Gascoyne RD, Missiaglia E, Lemonnier F, Haioun C, Hartmann S, Pedersen MB, Laginestra MA, Wilcox RA, Teh BT, Yoshida N, Ohshima K, Seto M, Rosenwald A, Ott G, Campo E, Rimsza LM, Jaffe ES, Braziel RM, d'Amore F, Inghirami G, Bertoni F, de Leval L, Gaulard P, Staudt LM, McKeithan TW, Pileri S, Chan WC, Iqbal J

ここに注目!

非特定型末梢性T細胞リンパ腫(PTCL-NOS)は遺伝子発現プロファイル解析によってGATA3 high群、TBX21 high群(PTCL-GATA3、PTCL-TBX21)に分類され、PTCL-GATA3のほうがPTCL-TBX21より予後不良であると報告されていた。コピー数異常および標的遺伝子変異解析により、PTCL-GATA3はゲノム構造が複雑であり、がん抑制遺伝子であるTP53/PTENの欠失、がん原遺伝子であるSTAT3/MYCの増幅がみられた。一方、PTCL-TBX21はゲノム構造が単純であり、DNAメチル化に関わる遺伝子変異の頻度が高かった。また、血管免疫芽球型T細胞リンパ腫(AITL)では5番染色体、21番染色体の増幅がみられ、これとR172 IDH2変異は共在していた。PTCL-GATA3、PTCL-TBX21には、ゲノム異常についても違いがみられたという点で興味深い報告である。