血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年5月の注目論文(Vol. 1)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

2019.05.09

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年5月分(Vol. 1)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Sensitivity and specificity of incisional random skin biopsy for diagnosis of intravascular large B-cell lymphoma.

Blood. 133(11):1257-1259

Matsue K, Abe Y, Kitadate A, Miura D, Narita K, Kobayashi H, Takeuchi M, Enzan N, Tanaka A, Takeuchi K

ここに注目!

血管内大細胞型B細胞リンパ腫(IVLBCL)の診断におけるランダム皮膚生検(RSB)の有用性を提唱した亀田総合病院末永先生らによる、IVLBCL疑いでRSBを受けた連続症例の後方視研究の結果が報告されている。RSBでは、脂肪の多い大腿、腹部、上腕の3カ所から皮下脂肪組織(毛細血管を多く含む)をとることによって、IVLBCLの診断感度が77.8%であった。海外からの報告ではRSBの診断感度はかなり低いとされていたが、小さい・浅い検体しか採取できないパンチ生検が多いようで、毛細血管を多く含む皮下脂肪組織がとれていなかったためではないかと著者らは推測している。RSBを考慮する患者は日常的に遭遇するが、RSBの方法について皮膚科医とコミュニケーションをとる際に有用な知見であろう。

Randomized Phase III Trial of Ibrutinib and Rituximab Plus Cyclophosphamide, Doxorubicin, Vincristine, and Prednisone in Non-Germinal Center B-Cell Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

J Clin Oncol. JCO1802403

Younes A, Sehn LH, Johnson P, Zinzani PL, Hong X, Zhu J, Patti C, Belada D, Samoilova O, Suh C, Leppä S, Rai S, Turgut M, Jurczak W, Cheung MC, Gurion R, Yeh SP, Lopez-Hernandez A, Dührsen U, Thieblemont C, Chiattone CS, Balasubramanian S, Carey J, Liu G, Shreeve SM, Sun S, Zhuang SH, Vermeulen J, Staudt LM, Wilson W; PHOENIX investigators

ここに注目!

非GCB型びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の未治療例において、BTK阻害薬イブルチニブ併用のR-CHOP療法と、R-CHOP療法とを比較したプラセボ対照のランダム化比較試験(PHOENIX試験)の結果である。DLBCLで、いわゆる細胞起源分類(cell-of-origin)に基づく層別化治療の有用性があるか、という点で大きな注目を集めていた。プライマリエンドポイントの無イベント生存期間についてはネガティブな結果であった。しかし、若年者のサブグループで、イブルチニブ併用群の無イベント生存期間や全生存期間が良好であったことは、今後、対象を限定したりするなどしてBTK阻害薬とR-CHOP療法の併用の有用性をみる意義があることを示唆している。細胞起源分類に基づく層別化治療としては、この他にABC型DLBCLを対象としたレナリドミド併用R-CHOP療法のランダム化比較試験(ROBUST試験)の結果が待たれるところである。

AUGMENT: A Phase III Study of Lenalidomide Plus Rituximab Versus Placebo Plus Rituximab in Relapsed or Refractory Indolent Lymphoma.

J Clin Oncol. JCO1900010

Leonard JP, Trneny M, Izutsu K, Fowler NH, Hong X, Zhu J, Zhang H, Offner F, Scheliga A, Nowakowski GS, Pinto A, Re F, Fogliatto LM, Scheinberg P, Flinn IW, Moreira C, Cabeçadas J, Liu D, Kalambakas S, Fustier P, Wu C, Gribben JG; AUGMENT Trial Investigators

ここに注目!

再発・難治性インドレントB細胞リンパ腫に対して、レナリドミド・リツキシマブ併用療法(R2)とリツキシマブ単剤療法を比較した、プラセボ対照のランダム化比較試験(AUGMENT試験)の結果である。リツキシマブ単剤が対照群であるため、リツキシマブ不応性の患者は対象から除外されている。このため、例えば、リツキシマブ・ベンダムスチン併用療法後、リツキシマブ維持療法中に再燃するような患者は対象に含まれていない。レナリドミドの投与期間は有限で、最大12サイクル(48週)であった。プライマリエンドポイントの無増悪生存期間は、対象全体でR2群の方が優れていた。また、濾胞性リンパ腫(FL)の患者に限定すると、全生存期間でもR2群の方が優れていた。FLを対象とした試験で、サブグループとはいえ全生存期間が優れていることが示されることは少なく、FLに対するR2療法の有用性が大きいことが示唆される。この試験を根拠としてインドレントB細胞リンパ腫に対するレナリドミドの適応拡大がFDAに申請されており、近いうちに日常診療の選択肢となると期待されている。