血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年1月の注目論文(Vol. 2)

坂田麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

2019.01.24

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年1月分(Vol. 2)は、坂田麻実子氏が担当します。

Tisagenlecleucel in Adult Relapsed or Refractory Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

N Engl J Med. 379(26):2517-2528

Woyach JA, Ruppert AS, Heerema NA, Zhao W, Booth AM, Ding W, Bartlett NL, Brander DM, Barr PM, Rogers KA, Parikh SA, Coutre S, Hurria A, Brown JR, Lozanski G, Blachly JS, Ozer HG, Major-Elechi B, Fruth B, Nattam S, Larson RA, Erba H, Litzow M, Owen C, Kuzma C, Abramson JS, Little RF, Smith SE, Stone RM, Mandrekar SJ, Byrd JC

ここに注目!

再発難治性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)に対するtisagenlecleucel(CD19に対するCAR-T細胞療法)を用いたphase Ⅱ 試験(JULIET)。自家移植不適応あるいは自家移植後再発が対象。主要評価項目は最良全奏効率。238例がスクリーニングされ、165例が登録、このなかで111例に実際にtisagenlecleucel投与された。このうち95例が主要解析コホートであり、データカットオフまで>3カ月経過した93例について解析された。92%の症例はCAR-T投与前にbridging化学療法を受けた。投与前にリンパ球除去のため化学療法(Fludarabine+Cyclophosphamide 73%、Bendamustine 20%)を1コース投与。登録から投与までの中央値は54日。投与からデータカットオフまでの中央期間は14カ月。最良全奏効率は52%(完全奏効40%、部分奏効12%)。奏効例について12カ月時点での無増悪生存は65%、完全奏効例では79%。Grade3-4有害事象はサイトカイン症候群22%、神経毒性12%、28日以上持続する血球減少32%、感染症20%、発熱性好中球減少症14%、3例は投与から30日以内に原病進行で死亡。奏効の有無と腫瘍細胞のCD19発現あるいは免疫関連蛋白の発現の程度に差はなかった。

再発難治性DLBCLに対してCD19-CAR-T細胞療法は有望な治療戦略である。効果予測のためのバイオマーカーの開発が望まれる。

Brentuximab vedotin with chemotherapy for CD30-positive peripheral T-cell lymphoma (ECHELON-2): a global, double-blind, randomised, phase 3 trial.

Lancet. 393(10168):229-240

Horwitz S, O'Connor OA, Pro B, Illidge T, Fanale M, Advani R, Bartlett NL, Christensen JH, Morschhauser F, Domingo-Domenech E, Rossi G, Kim WS, Feldman T, Lennard A, Belada D, Illés Á, Tobinai K, Tsukasaki K, Yeh SP, Shustov A, Hüttmann A, Savage KJ, Yuen S, Iyer S, Zinzani PL, Hua Z, Little M, Rao S, Woolery J, Manley T, Trümper L; ECHELON-2 Study Group

ここに注目!

初発CD30陽性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を対象とした二重盲検phaseⅢランダム化試験(ECHELON-2)。Brentuximab vedotin、シクロフォスファミド、ドキソルビシン、プレドニゾン(A+CHP) vs CHOP、6-8コース。対象はCD30陽性率10%以上かつIPI 2以上のALK陽性未分化大細胞リンパ腫(ALCL)、ALK陰性ALCL、末梢性T細胞リンパ腫非特定型(PTCL-NOS)、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(AITL)、腸管症関連T細胞リンパ腫(EATL)、肝脾T細胞リンパ腫(HSTL)。登録症例のうちALCLは75%±5%と設定され、実際には70%は ALCL(ALK陰性48%、ALK陽性22%)であった。主要評価項目はセントラルレビューによる無増悪生存期間(PFS)。601例が適格性判定され、このうち452例を登録、A+CHP群とCHOP群に226例ずつ割り付けられた。地固め療法としての移植はA+CHP群22%、CHOP群17%で行なわれた。PFS中央値A+CHP群48.2カ月vs CHOP群20.8カ月。死亡リスクはA+CHP群のほうがCHOP群より低かった。完全奏効率A+CHP群68% vs CHOP群56%とA+CHP群で高かった。治療関連有害事象は発熱性好中球減少症A+CHP群18% vs CHOP群15%、末梢性神経障害A+CHP群52% vs CHOP群55%。死亡に至ったのはA+CHP群3% vs CHOP群4%であった。

CD30陽性PTCLにおいてA+CHPは有効な治療である。ALCL以外の病理組織型については登録症例数が少なく、今後さらに検討が必要である。

Ibrutinib Regimens versus Chemoimmunotherapy in Older Patients with Untreated CLL.

N Engl J Med. 379(26):2517-2528

Woyach JA, Ruppert AS, Heerema NA, Zhao W, Booth AM, Ding W, Bartlett NL, Brander DM, Barr PM, Rogers KA, Parikh SA, Coutre S, Hurria A, Brown JR, Lozanski G, Blachly JS, Ozer HG, Major-Elechi B, Fruth B, Nattam S, Larson RA, Erba H, Litzow M, Owen C, Kuzma C, Abramson JS, Little RF, Smith SE, Stone RM, Mandrekar SJ, Byrd JC

ここに注目!

無治療の慢性リンパ性白血病(CLL)に対するBTK阻害剤であるイブルチニブと免疫化学療法の有効性を比較するためのphaseⅢランダム化試験。対象は65歳以上、International Workshop on CLL criteria(IWCLL)で治療適応とされた無治療CLL。ベンダムスチン・リツキシマブ併用(RB)療法群183例、イブルチニブ群182例、イブルチニブ・リツキシマブ併用療法群182例が割り付けられた。RB療法群vs イブルチニブ群 vs イブルチニブ・リツキシマブ併用療法群は、奏効率は81% vs 93% vs 94%とイブルチニブを含む群で優れるが、完全奏効率は26% vs 7% vs 12%とRB療法群で優れていた。2年無増悪生存(PFS)は74%vs 87% vs 88%であり、イブルチニブを含む群で優れていた。2年全生存(OS)は95% vs 90% vs 94%でいずれも差はなかった。Grade3以上の血液学的毒性はRB療法群のほうが高く(61% vs 41% vs 39%)、非血液学的毒性はイブルチニブを含む群で高かった(63% vs 74% vs 74%)。

無治療CLLにおいてイブルチニブを含む治療はRB療法よりも2年PFSは優れるが、OSには差はなく、イブルチニブにリツキシマブを併用しても差はなかった。