血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年1月の注目論文(Vol. 1)

伊豆津宏二(国立がん研究センター中央病院 血液腫瘍科 科長)

2019.01.10

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年1月分(Vol. 1)は、伊豆津宏二氏が担当します。

Circulating Tumor DNA Measurements As Early Outcome Predictors in Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

J Clin Oncol. 36(28):2845-2853

Kurtz DM, Scherer F, Jin MC, Soo J, Craig AFM, Esfahani MS, Chabon JJ, Stehr H, Liu CL, Tibshirani R, Maeda LS, Gupta NK, Khodadoust MS, Advani RH, Levy R, Newman AM, Dührsen U, Hüttmann A, Meignan M, Casasnovas RO, Westin JR, Roschewski M, Wilson WH, Gaidano G, Rossi D, Diehn M, Alizadeh AA

ここに注目!

次世代シーケンサーを用いて血漿または血清中の無細胞血中循環腫瘍DNA(ctDNA)をみる方法(リキッドバイオプシー)が開発され、さまざまな癌腫でバイオマーカーとしての意義をみる研究が進んでいる。リンパ腫についても著者らのグループをはじめ複数のグループからの報告がある。今回の研究ではリツキシマブ併用化学療法を行なったびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の患者において、治療前のctDNA量および化学療法1サイクル後のctDNA量の低下の程度が予後とよく相関していることが分かった。また、これが既知の臨床的予後因子とは独立した予後因子であった。今後、標準化などが必須になるが、ctDNA量に基づく層別化治療につながっていく可能性がある。

Frontline bortezomib, rituximab, cyclophosphamide, doxorubicin, and prednisone (VR-CAP) versus rituximab, cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone (R-CHOP) in transplantation-ineligible patients with newly diagnosed mantle cell lymphoma: final overall survival results of a randomised, open-label, phase 3 study

Lancet Oncol. 19(11):1449-1458

Robak T, Jin J, Pylypenko H, Verhoef G, Siritanaratkul N, Drach J, Raderer M, Mayer J, Pereira J, Tumyan G, Okamoto R, Nakahara S, Hu P, Appiani C, Nemat S, Cavalli F; LYM-3002 investigators

ここに注目!

2015年にN Engl J Med誌に報告された、移植非適応(高齢者)のマントル細胞リンパ腫に対するボルテゾミブ併用化学(VR-CAP)療法とR-CHOP療法のランダム化比較第Ⅲ相試験の長期フォローアップの報告。最も注目すべき点はVR-CAP療法が全生存期間においてR-CHOP療法より優れているという結果である。VR-CAP療法はこの対象に対する合理的な治療選択肢といえるが、原法どおりでは高度な血小板減少や末梢神経障害の頻度が高く、外来で実施するには十分な注意が必要である。現在、日本では同様の対象に対してベンダムスチン・リツキシマブ(BR)療法が選択肢に加わり、R-CHOP療法に替わって広く使われている。BR療法とVR-CAP療法を比較した臨床試験はなく、客観的にどちらが優れているかをいうことはできないが、今回の報告によってBR療法が広く使われている状況が大きく変わることはないだろうと考える。

CD47 Blockade by Hu5F9-G4 and Rituximab in Non-Hodgkin’s Lymphoma.

N Engl J Med. 379(18):1711-1721

Advani R, Flinn I, Popplewell L, Forero A, Bartlett NL, Ghosh N, Kline J, Roschewski M, LaCasce A, Collins GP, Tran T, Lynn J, Chen JY, Volkmer JP, Agoram B, Huang J, Majeti R, Weissman IL, Takimoto CH, Chao MP, Smith SM

ここに注目!

CD47は、がん細胞に発現し、マクロファージの貪食から逃れる免疫チェックポイントとして機能している(“do not eat me” signal)。リンパ腫ではCD47高発現が予後不良因子と報告されている。Hu5F9-G4はCD47をブロックするマクロファージ免疫チェックポイント阻害薬であり、リツキシマブとの併用でB細胞腫瘍に対して抗体依存性細胞貪食活性を増強する。今回、リツキシマブ不応性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)と濾胞性リンパ腫を対象としたHu5F9-G4・リツキシマブ併用療法の第Ⅰ相試験の結果が報告された。症例数は限られているが、再発・難治性DLBCLの患者に対しても期待できる効果を示した。抗PD-1抗体についてはDLBCLに対する効果が限定的であるが、マクロファージ免疫チェックポイント阻害薬の有用性は臨床試験での評価が今後積極的に行なわれることになるだろう。