血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2019年2月の注目論文(Vol. 1)

柴山浩彦(大阪大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授)

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2019年2月分(Vol. 1)は、柴山浩彦氏が担当します。

Targeting B-cell maturation antigen with GSK2857916 antibody-drug conjugate in relapsed or refractory multiple myeloma (BMA117159): a dose escalation and expansion phase 1 trial.

Lancet Oncol. 19(12):1641-1653

Trudel S, Lendvai N, Popat R, Voorhees PM, Reeves B, Libby EN, Richardson PG, Anderson LD Jr, Sutherland HJ, Yong K, Hoos A, Gorczyca MM, Lahiri S, He Z, Austin DJ, Opalinska JB, Cohen AD

ここに注目!

近年、多発性骨髄腫(MM)に対しては多くの薬剤が登場し治療成績も飛躍的に向上しているが、治癒と思われる症例は稀で多くの症例が再発を繰り返すこととなり、まだまだ新しい薬剤が必要とされる。本論文では、抗BCMA抗体にMMAFという微小管合成阻害剤を結合した新規のADCの第Ⅰ・Ⅱ相試験の結果が報告されている。73例の再発・難治MM患者(49例が前治療レジメン数が5以上)に対し試験が行なわれた。第Ⅰ相では4.60mg/kgまで用量制限毒性は認められなかったが、有効性と安全性の面から第Ⅱ相の推奨用量は3.40mg/kg(3週に1回、1時間で点滴静注投与)に決定された。主なグレード3、4の副作用は血小板減少(第Ⅰ・Ⅱ相ともに34%)、貧血(第Ⅰ相16%、第Ⅱ相14%)であり、治療薬関連SAEは12例に認められたが治療薬関連死亡はなかった。また、第Ⅱ相では有効性は全奏効率が60%であった。新たなMM治療薬として大いに期待される。

Kinase domain activation through gene rearrangement in multiple myeloma.

Leukemia. 32(11):2435-2444

Morgan GJ, He J, Tytarenko R, Patel P, Stephens OW, Zhong S, Deshpande S, Bauer M, Weinhold N, Schinke C, Rasche L, Bailey M, Ali S, Ross J, Miller VA, Stephens P, Thanendrarajan S, Zangari M, van Rhee F, Mughal T, Davies FE, Walker BA

ここに注目!

染色体転座に伴うキナーゼ分子の活性化については、多くの固形癌や血液腫瘍では報告されているが、多発性骨髄腫(MM)でまとまった報告はこれまでなされていなかった。本論文では、958例から1,421検体の融合遺伝子について検索している。結果、1.5%の症例でキナーゼ分子との融合遺伝子が検出されている。キナーゼ分子としては、ALKROS1NTRK3FGFR1BRAFMAP3K14MAPK14が見つかり、下流のMEK/ERK、NF-κB、炎症シグナル経路の活性化が生じていた。これらの融合遺伝子はくすぶり型MM、初発MM、再発MMのいずれにも認められたことから、晩期イベントではないことが示された。また、ほとんどがサブクローンに認められたが、EML4-ALK融合遺伝子のみは、腫瘍化のドライバー変異として関わっている症例があった。個別化治療という面から、このような例では、キナーゼ阻害剤によるMM治療の可能性があると考えられる。

Multiple myeloma clonal evolution in homogenously treated patients.

Leukemia. 32(12):2636-2647

Corre J, Cleynen A, Robiou du Pont S, Buisson L, Bolli N, Attal M, Munshi N, Avet-Loiseau H

ここに注目!

多発性骨髄腫(MM)において、治療によるクローン進化への影響を調べた研究である。43例のMM患者に対し、同じ強度の治療(VTD-MEL200-VTD)を行ない、初発時と第1再発時の骨髄検体を用いて遺伝子パネルを用いた遺伝子変異解析を行ない、遺伝子変異の種類と割合の変化を解析している。初発時にみられた遺伝子変異の種類と割合は、多い順にKRAS(35%)、NRAS(28%)、DIS3(16%)、BRAF(12%)、LRP1B(12%)であり、再発時も、その種類と割合に変化は認められなかった。変化した遺伝子のほとんどはサブクローンのものであり、治療後に新たに出現した遺伝子変異や転座には特異的なものは見つからなかった。TP53遺伝子の両アレルの変異は22例で認められた。これらの結果から、治療抵抗性や再発は、新たに獲得された遺伝子変異か、あるいは治療前から存在していたサブクローンによって起きていることが示されており、再発MMの治療を考える上で興味深い知見である。