血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年3月の注目論文(Vol. 1)

柴山浩彦(大阪大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授)

2018.03.08

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年3月分(Vol. 1)は、柴山浩彦氏が担当します。

Final analysis of survival outcomes in the phase 3 FIRST trial of up-front treatment for multiple myeloma.

Blood. 131(3):301-310

Facon T, Dimopoulos MA, Dispenzieri A, Catalano JV, Belch A, Cavo M, Pinto A, Weisel K, Ludwig H, Bahlis NJ, Banos A, Tiab M, Delforge M, Cavenagh JD, Geraldes C, Lee JJ, Chen C, Oriol A, De La Rubia J, White D, Binder D, Lu J, Anderson KC, Moreau P, Attal M, Perrot A, Arnulf B, Qiu L, Roussel M, Boyle E, Manier S, Mohty M, Avet-Loiseau H, Leleu X, Ervin-Haynes A, Chen G, Houck V, Benboubker L, Hulin C

ここに注目!

本論文は、2014年にNEJM誌に発表された初発移植非適応多発性骨髄腫患者に対するレナリドミド‐デキサメタゾン(Ld)療法とメルファラン‐プレドニゾロン‐サリドマイド(MPT)療法を比較した第Ⅲ相試験(FIRST試験)の長期フォローアップ(中央値67カ月)の結果である。NEJM誌掲載時点では、主要評価項目のPFSは、Ld継続群が、MPT群およびLd-18(18カ月で治療終了)群と比較し有意に延長したことが示されたが、本解析においては、OSの中央値は、Ld継続群:59.1カ月、MPT群:49.1カ月とLd継続群で約10カ月の延長がみられたものの、Ld-18群:62.3カ月とは差を認めなかったという結果である。しかし、VGPR以上の効果が得られた症例では、Ld継続群がLd-18群と比較し、次治療開始までの期間を約30カ月延長した。再発後の2nd lineの治療はボルテゾミブを含む治療が選択される症例が多かったが、その治療成績はLd継続群とLd-18群で差を認めなかった。2次癌の発生率も3群間で差を認めなかった。以上より、初発移植非適応多発性骨髄腫患者に対する標準治療がLd継続療法であることが示されたと著者らは結論している。

Ixazomib significantly prolongs progression-free survival in high-risk relapsed/refractory myeloma patients.

Blood. 130(24):2610-2618

Avet-Loiseau H, Bahlis NJ, Chng WJ, Masszi T, Viterbo L, Pour L, Ganly P, Palumbo A, Cavo M, Langer C, Pluta A, Nagler A, Kumar S, Ben-Yehuda D, Rajkumar SV, San-Miguel J, Berg D, Lin J, van de Velde H, Esseltine DL, di Bacco A, Moreau P, Richardson PG

ここに注目!

再発・難治骨髄腫(RRMM)患者に対し、レナリドミド‐デキサメタゾン(Ld)療法とイキザゾミブ(Ixz)を追加したILd療法を比較した第Ⅲ相試験(TOURMALINE-MM1試験)では、ILd療法群のPFSが有意に延長し、この結果をうけてRRMMに対する標準治療の一つとなり(2016年にNEJM誌に発表された)、本邦でも保険適用となった。本論文は、その試験のサブ解析であり、ハイリスクの染色体異常(FISH法にて、del(17p)、t(4;14)、t(14;16)、1q21増幅)を有する症例での効果を検証している。この結果、ILd療法群のPFS中央値は、21.4カ月(Ld療法群は9.7カ月であり、ハザード比:0.64)と有意な延長効果がみられている。標準リスク症例のPFS中央値はILd群:20.6カ月、Ld群:15.6カ月であったことから、特にハイリスクの染色体異常を有するRRMM例に対しては、Ld療法よりもILd療法を選択する治療の層別化が必要と考えられた。

Integrative network analysis identifies novel drivers of pathogenesis and progression in newly diagnosed multiple myeloma.

Leukemia. 32(1):120-130

Laganà A, Perumal D, Melnekoff D, Readhead B, Kidd BA, Leshchenko V, Kuo PY, Keats J, DeRome M, Yesil J, Auclair D, Lonial S, Chari A, Cho HJ, Barlogie B, Jagannath S, Dudley JT, Parekh S

ここに注目!

2011年に始まった1000症例以上の初発多発性骨髄腫(MM)患者のMM細胞の遺伝子解析データ(全ゲノム解析、全エキソーム解析、RNA-seqを同時に実施)と臨床経過データを併せて前向きに登録する研究(CoMMpass study)のデータベースから450例を初めて解析し、RNA-seqによる遺伝子群の発現パターンでMM症例を37グループ(M1-M37)に分けている。その中で、M9グループは早期に再発しrISS-Ⅲ期が多く、TP53変異や1q染色体の増幅と関連することが示され、また、このグループ内の4つの遺伝子(KIF22、ORC6、ATAD5、TSKU)の発現パターンで予後不良のMM症例を層別化することが可能であると報告された。さらに、M16グループは、t(4;14)の染色体転座をもつMMと一致し、また、CDC42BPAとCLEC11Aという2つの遺伝子がMMSETの上流にある遺伝子であり、治療標的となることも示している。以上、膨大な遺伝子データベースを解析することで、多様なMM患者を遺伝子レベルで層別化し、MMにおけるprecision medicineの実現化につながる可能性が示唆されている。