血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年2月の注目論文(Vol. 1)

坂田麻実子(筑波大学 医学医療系 血液内科 准教授)

2018.02.08

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年2月分(Vol. 1)は、坂田麻実子氏が担当します。

Prognostic relevance of integrated genetic profiling in adult T-cell leukemia/lymphoma.

Blood. 131(2):215-225

Kataoka K, Iwanaga M, Yasunaga JI, Nagata Y, Kitanaka A, Kameda T, Yoshimitsu M, Shiraishi Y, Sato-Otsubo A, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Ochi Y, Aoki K, Suzuki H, Shiozawa Y, Yoshizato T, Sato Y, Yoshida K, Nosaka K, Hishizawa M, Itonaga H, Imaizumi Y, Munakata W, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Nakamaki T, Ishiyama K, Miyawaki S, Ishii R, Nureki O, Tobinai K, Miyazaki Y, Takaori-Kondo A, Shibata T, Miyano S, Ishitsuka K, Utsunomiya A, Shimoda K, Matsuoka M, Watanabe T, Ogawa S

ここに注目!

成人T細胞性白血病/リンパ腫におけるゲノム異常の臨床的意義に関する研究。アグレッシブ(急性型、リンパ腫型)、インドレント(慢性型、くすぶり型)に特徴的なゲノム異常を明らかにするとともにそれぞれにおいて有意な予後因子を抽出した。なかでも、PD-L1領域の増幅はいずれにおいても予後不良であることを明らかにした。

Genotype-Specific Minimal Residual Disease Interpretation Improves Stratification in Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia.

J Clin Oncol. 36(1):34-43

O'Connor D, Enshaei A, Bartram J, Hancock J, Harrison CJ, Hough R, Samarasinghe S, Schwab C, Vora A, Wade R, Moppett J, Moorman AV, Goulden N

ここに注目!

小児の急性リンパ性白血病において寛解導入療法後の微小残存病変 (minimal residual disease:MRD)およびcytogeneticsによる再発リスクの評価を行った研究。Cytogeneticsリスクが低い群では早期に低いMRDが達成される。同一のcytogeneticsグループにおいてはMRDが低いほうが再発リスクが低いものの、cytogeneticsのリスク群の影響も受ける。そこでMRDの程度とcytogeneticsを組み合わせた予後指標を構築する必要があると結論している。

DNMT3A mutant transcript levels persist in remission and do not predict outcome in patients with acute myeloid leukemia.

Leukemia. 32(1):30-37

Gaidzik VI, Weber D, Paschka P, Kaumanns A, Krieger S, Corbacioglu A, Krönke J, Kapp-Schwoerer S, Krämer D, Horst HA, Schmidt-Wolf I, Held G, Kündgen A, Ringhoffer M, Götze K, Kindler T, Fiedler W, Wattad M, Schlenk RF, Bullinger L, Teleanu V, Schlegelberger B, Thol F, Heuser M, Ganser A, Döhner H, Döhner K; German-Austrian Acute Myeloid Leukemia Study Group (AMLSG)

ここに注目!

急性骨髄性白血病において、DNMT3A遺伝子のホットスポット変異(p.R882Hあるいはp.R882C)により微小残存病変の評価を行った研究。寛解導入療法後、地固め療法後のそれぞれでDNMT3A変異陰性となった症例は稀であり、かつ変異の消失の有無は再発あるいは全生存に影響しなかった。DNMT3A変異は治療終了後に残存するクローン性造血として存在していると考えられ、クローン性造血でみられる遺伝子変異の微小残存病変としての評価には今後も検討が必要である。