血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2018年4月の注目論文(Vol. 1)

前田嘉信(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学 教授)

2018.04.12

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2018年4月分(Vol. 1)は、前田嘉信氏が担当します。

Tisagenlecleucel in Children and Young Adults with B-Cell Lymphoblastic Leukemia.

N Engl J Med. 378(5):439-448

Maude SL, Laetsch TW, Buechner J, Rives S, Boyer M, Bittencourt H, Bader P, Verneris MR, Stefanski HE, Myers GD, Qayed M, De Moerloose B, Hiramatsu H, Schlis K, Davis KL, Martin PL, Nemecek ER, Yanik GA, Peters C, Baruchel A, Boissel N, Mechinaud F, Balduzzi A, Krueger J, June CH, Levine BL, Wood P, Taran T, Leung M, Mueller KT, Zhang Y, Sen K, Lebwohl D, Pulsipher MA, Grupp SA

ここに注目!

小児・若年の再発・難治性B細胞性ALLに対するCAR-T細胞(Tisagenlecleucel)療法の多施設第II相試験の結果の報告である。中央値11歳(3-23歳)の小児・若年患者75例に投与された。61%は同種移植後の再発例であったが、81%が奏効し、奏効例全てフローサイトメトリーでMRD陰性が確認された。1年のEFSは50%で、観察期間が短いものの寛解が維持される可能性が示唆された。サイトカイン放出症候群が77%、中枢神経障害が40%に発症し、短期で回復するが投与後に約半数はICU管理を必要とした。CAR-T細胞の細胞内ドメインには、4-1BBが使用されているが、T細胞疲弊が少なく、長期の体内残存が期待されている。本剤の体内残存期間中央値は168日で、6カ月時点でB細胞無形成が続く患者は83%であった。投与後全身管理に注意を要するが全世界11カ国での多施設で実施可能であり、その有効性が確認された。

Long-Term Follow-up of CD19 CAR Therapy in Acute Lymphoblastic Leukemia.

N Engl J Med. 378(5):449-459

Park JH, Rivière I, Gonen M, Wang X, Sénéchal B, Curran KJ, Sauter C, Wang Y, Santomasso B, Mead E, Roshal M, Maslak P, Davila M, Brentjens RJ, Sadelain M

ここに注目!

成人再発・難治性B細胞性ALLに対する19-28z CAR-T細胞療法の第I相試験の長期観察結果である。中央値44歳(23-74歳)の53例のうち83%がCRに達し、生存期間中央値は12.9カ月であった。中央値29カ月間フォローされ、長期に寛解を維持できるのは投与時の腫瘍量が少ない群(骨髄芽球が5%未満)であり、CAR-T細胞の体内残存期間とは関連がなかった。19-28z CAR-T細胞は、細胞内ドメインにCD28ドメインが使用されており、急激な増殖により効果を発揮し、その後は速やかに体内から消失した可能性が考えられる。また、腫瘍量が少ない群の方が、サイトカイン放出症候群と中枢神経障害が少なかった。

Inotuzumab ozogamicin in combination with low-intensity chemotherapy for older patients with Philadelphia chromosome-negative acute lymphoblastic leukaemia: a single-arm, phase 2 study.

Lancet Oncol. 19(2):240-248

Kantarjian H, Ravandi F, Short NJ, Huang X, Jain N, Sasaki K, Daver N, Pemmaraju N, Khoury JD, Jorgensen J, Alvarado Y, Konopleva M, Garcia-Manero G, Kadia T, Yilmaz M, Bortakhur G, Burger J, Kornblau S, Wierda W, DiNardo C, Ferrajoli A, Jacob J, Garris R, O'Brien S, Jabbour E

ここに注目!

高齢者Ph陰性ALLに対するCD22を標的とする抗体薬物複合体Inotuzumab ozogamicinと低用量化学療法の有効性を検証した第II相試験の報告である。年齢中央値68(64-72)歳のPh陰性ALLの52例に対し、hyper-CVADを減少しさらにアントラサイクリンを除いたmini-hyper-CVDとInotuzumab ozogamicinによる寛解導入療法と、その後3年間の維持療法が行われた。未治療例48例中47例(98%)にCRが得られ、2年PFSは59%であった。Grade3-4の血小板減少(81%)と感染(52%)が主な有害事象であり、VODは8%であった。第III相試験は未実施であるが、従来の化学療法を大きく上回る良好な成績で注目に値する。

Acalabrutinib in relapsed or refractory mantle cell lymphoma (ACE-LY-004): a single-arm, multicentre, phase 2 trial

Lancet. 391(10121):659-667

Michael Wang, Simon Rule, Pier Luigi Zinzani, Andre Goy, Olivier Casasnovas, Stephen D Smith, Gandhi Damaj, Jeanette Doorduijn, Thierry Lamy, Franck Morschhauser, Carlos Panizo, Bijal Shah, Andrew Davies, Richard Eek, Jehan Dupuis, Eric Jacobsen, Arnon P Kater, Steven Le Gouill, Lucie Oberic, Taduesz Robak, Todd Covey, Richa Dua, Ahmed Hamdy, Xin Huang, Raquel Izumi, Priti Patel, Wayne Rothbaum, J Greg Slatter, Wojciech Jurczak

ここに注目!

再発・難治性マントル細胞リンパ腫に対する新規BTK阻害剤Acalabrutinibの有効性を検証した多施設第II相試験の報告である。年齢中央値68歳の再発・難治性マントル細胞リンパ腫124例に対し、Acalabrutinibにより40%CRを含む81%に奏効が得られた。1年のPFSとOSはそれぞれ67%、87%であった。有害事象は主にGrade1-2の頭痛(38%)と下痢(31%)、全身倦怠感(27%)であり、Grade3-4の有害事象は好中球減少(10%)と貧血(9%)であった。心房細動は認めず、Grade3以上の出血は1例のみであった。再発・難治性マントル細胞リンパ腫の治療方針に大きな影響を与える試験結果と考えられる。