血液専門医と医療関係者のための情報サイト「ヘマトパセオ」

この論文に注目!Focus on

2017年10月の注目論文

柴山浩彦(大阪大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科学 准教授)

2017.11.10

血液専門医である「Hematopaseo」のアドバイザリーボードメンバーが、血液領域の最新論文から注目すべきものをピックアップ。2017年1​0​月は、​柴山浩彦​氏が担当、2017年9月の論文の中から紹介します。

Updated analysis of CALGB (Alliance) 100104 assessing lenalidomide versus placebo maintenance after single autologous stem-cell transplantation for multiple myeloma: a randomised, double-blind, phase 3 trial.

Lancet Haematol. 4(9):e431-e442

Holstein SA, Jung SH, Richardson PG, Hofmeister CC, Hurd DD, Hassoun H, Giralt S, Stadtmauer EA, Weisdorf DJ, Vij R, Moreb JS, Callander NS, van Besien K, Gentile TG, Isola L, Maziarz RT, Bashey A, Landau H, Martin T, Qazilbash MH, Rodriguez C, McClune B, Schlossman RL, Smith SE, Hars V, Owzar K, Jiang C, Boyd M, Schultz C, Wilson M, Hari P, Pasquini MC, Horowitz MM, Shea TC, Devine SM, Linker C, Anderson KC, McCarthy PL

ここに注目!

自家移植後のレナリドミドによる維持療法については、2012年のNEJM誌にアメリカのCALGBとフランスのIFMからの研究結果が同時に発表され注目された。その当時の結果では、どちらの研究においてもレナリドミドの維持療法によってPFSは有意に延長したが、OSについてはCALGBの報告では延長がみられたが、IFMでは差がないという結果であった。

今回の論文は、CALGB試験の長期フォローアップ(中央値91ヵ月)の結果が報告されている。それによると、試験開始後18ヵ月時点で盲検化が解除され、プラセボが投与されてPDとなっていない患者のうち67%が実薬のレナリドミドを服薬したにも関わらず、ITT解析においてPFS、OSともにレナリドミド投与群が有意に優れていることが示された。

この結果から、自家移植後のレナリドミド維持療法は標準治療とみなされると結論づけられている。

Depth of Response in Multiple Myeloma: A Pooled Analysis of Three PETHEMA/GEM Clinical Trials.

J Clin Oncol. 35(25):2900-2910

Lahuerta JJ, Paiva B, Vidriales MB, Cordón L, Cedena MT, Puig N, Martinez-Lopez J, Rosiñol L, Gutierrez NC, Martín-Ramos ML, Oriol A, Teruel AI, Echeveste MA, de Paz R, de Arriba F, Hernandez MT, Palomera L, Martinez R, Martin A, Alegre A, De la Rubia J, Orfao A, Mateos MV, Blade J, San-Miguel JF; GEM (Grupo Español de Mieloma)/PETHEMA (Programa para el Estudio de la Terapéutica en Hemopatías Malignas) Cooperative Study Group

ここに注目!

骨髄腫の治療効果判定に、微小残存病変(MRD)の評価が重要視されるようになってきている。本研究では、マルチカラーフローサイトメトリーの技術を用いて10-4~-5の深さのMRDレベルを検出し、予後との相関をみている。過去にスペインのグループがおこなった3つの前向き比較試験(自家移植適応の2試験と移植非適応の1試験)に参加した609例の患者データを用いて解析している。その結果、CRにおいてもMRD陰性と陽性では明らかに予後(PFSおよびOS)が異なり、さらにMRD陽性のCRはVGPRやPRと予後が変わらないことが示されている。また、治療法(移植をおこなう場合、おこなわない場合)に関わらず、MRD陰性CRを獲得した患者の予後がもっとも優れていることが示されている。

以上のことから、今後、移植適応患者あるいは非適応でもFitの患者においてはMRD陰性CRが治療目標になると思われた。

Prospective Evaluation of Magnetic Resonance Imaging and [18F]Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography-Computed Tomography at Diagnosis and Before Maintenance Therapy in Symptomatic Patients With Multiple Myeloma Included in the IFM/DFCI 2009 Trial: Results of the IMAJEM Study.

J Clin Oncol. 35(25):2911-2918

Moreau P, Attal M, Caillot D, Macro M, Karlin L, Garderet L, Facon T, Benboubker L, Escoffre-Barbe M, Stoppa AM, Laribi K, Hulin C, Perrot A, Marit G, Eveillard JR, Caillon F, Bodet-Milin C, Pegourie B, Dorvaux V, Chaleteix C, Anderson K, Richardson P, Munshi NC, Avet-Loiseau H, Gaultier A, Nguyen JM, Dupas B, Frampas E, Kraeber-Bodere F

ここに注目!

骨髄腫患者における画像評価法には、骨病変および髄外腫瘤の両方を評価する方法として、全身MRIとFDG-PET-CT(PET)が用いられている。しかし、そのどちらが有用かという比較検討をおこなった研究はあまりないように思われる。本研究では、診断時の骨病変の検索と予後予測について、MRIとPETを前向きに比較している。結果、診断時の骨病変については、どちらの検査でも90%以上陽性を示し、差がなかった。しかし、治療後の画像所見の改善割合は、MRIで3%、PETで32%であり、PETにおいてのみ、治療後の画像所見の改善の有無がPFSの予後予測と関連することが示された。骨髄腫においてもリンパ腫同様にFDG-PET-CT検査による治療効果の判定が、日常診療においておこなわれるようになるかもしれない。